*

商品紹介。trunki(トランキ)は子どものおもちゃ?トランク?子育てにも役立つ

公開日: : 生活

 trunki(とらんき)は、2006年の発売以来、世界で累計180万個を販売している子ども用のスーツケースです。スーツケースだから旅行のときだけ?と思われるかもしれませんが、普段は“おもちゃ”として使用することができます。

 trunkiの商品紹介動画はこちらからご覧ください

〔動画〕Funki Trunki Time

私の家でも4歳の娘のために一つ購入しました。いろいろな柄があるのですが、赤に黒の斑点がついている“てんとう虫”柄を選びました。

IMG_3730 (1)

 容量も18リットルと実際にかなり荷物が入るな、という印象です。「おもちゃとして使用できる」と書きましたが、けっして“おもちゃ”ではなく“スーツケース”なのです。
 ですから、この先、子どもが“おもちゃ”としてのtrunkiに飽きてしまったとしても、成長して柄が嫌にならない限り旅行鞄として利用ができます

IMG_3731

 小さい子どもをお持ちの方はわかると思いますが、子どもは“乗り物”が好きですよね。

 子どもは、“まったくの無力”状態で生まれてきます。成長するにつれて、少しずつ“私”と“私以外の世界”の関係性が確認できるようになります。
「泣いたらママがやってきてくれた」「手や足を動かすと進むことができる」など、自分の“力”を獲得していきます。この“できる体験”を積み重ねている時期は「全能感」と言って、子どもは「なんでもできる」という気持ちでいます。
 
 “乗り物”は、“自分を運んでくれる道具”。子どもの感じ方はわかりませんが、とにかく好きなようです。

 理屈はどうでもいいのですが、これが逆にパパやママをヘトヘトにさせることは私の家でも同じです。娘にとっては、「パパは私の命令で何でもしてくれるスーパーロボ」なのです。

 ちなみに私は子どもに関わる仕事をしてますが、このような時期はあっていいのです。

 しかし私は決してスーパーロボットではありませんから、腰をやってしまいました。安静にして治りましたが、その間は、娘にも肩車や抱っこを我慢してもらわなくてはならなくなりました。


 娘との遊びだけが原因ではありませんが、こんな遊びがありました。ダンボールに娘が乗り、私がそれを引いたり押したりします。娘は大喜びですが、私は腰を曲げたままの状態での移動でした。

 一度、腰をやってしまったので、この遊びはもうできませんが、その代わりとしてもこのtrunkiは役に立っています。商品紹介の動画にありますが、普通に歩くように引くことができます。車輪がついているので子どもが乗ってもとても軽く腰にも負担がかかりません。





 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

→もっと見る

PAGE TOP ↑