*

〔動画〕とくダネ。アブダビから人とラクダが道路を激走する映像が。ラクダはドバイまでの100キロを走れるか?

公開日: : とくダネ, メディア

 今朝(4月30日)の「とくダネ」で飛び込んで来たのは、人がラクダを追っかける映像です。このニュースはアブダビ(アラブ首長国連邦の首都)の話ですが、ドバイ(同じくアラブ首長国連邦の都市)でも高速道路?を走るラクダの映像が撮影されています。

〔動画〕Camel on the loose! Shoeless man chases camel down motorway in Abu Dhabi
 
 上の映像は、今朝の「とくダネ」で紹介されたもので、確かに「Shoeless man」(裸足の男)がラクダを追っかけています。

〔動画〕Camel escapes near Dubai Marina onto motorway

 これはドバイの映像。撮影者は、「oh!my god」「crazy!」と声をあげています。「near Dubai Mrina」とありますから、「ドバイマリーナ」の近くなのでしょう。どうもそこから「escape」(逃げる)してきたのではないか、と想像されます。
「ドバイマリーナビーチ」にはラクダがたくさんいるようですから。

〔画像〕「ドバイマリーナ ラクダ」で検索


 さて、興味がわいてくるのは、この2つの動画に出てくるラクダは同一のラクダであるかどうかということです。もし同一のラクダならば、アブダビとドバイの間を走ったということになります。アブダビとドバイはざっと100kmはあります。





 ドバイでの映像には道路を走るラクダだけが映っており人は映っていません。仮にこれらが同一のラクダだとしてもさすがにあの裸足の人は100kmも走ることはできないでしょう。


37328533_191x291

 
 日本学術振興会特別研究員(早稲田大学)の鈴木宏節さんの「馬とらくだ」という論文を見つけました。それによると、ラクダは、

・130~180㎏の荷物を背負ったまま、時速5kmで数ヶ月の旅ができる

・アラブでは一日48kmの行程を「らくだ日」という(つまり一日48kmの移動はできるということ)

・5km以上の勝負なら馬にも勝てるくらいの俊足


 
 これらを踏まえると、話題となっているラクダが、アブダビからドバイまでの100kmを移動していたとしても何らの不思議はありません。走り続けるのは無理でしょうから、歩いたり休んだりして、2日程度で移動をした、とい予想が立てられます。







 

 
 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大谷翔平初ホームラン!実況は英語でなんと叫ぶ

You tube は私の英語学習に欠かせないツールですが、重要なのは好

大谷翔平メジャーデビュー!実況は英語でなんと叫ぶ?

興奮するのはまだ早急かもしれませんが、オープン戦のことを考えれば、すで

メジャーリーグより 英語で驚くときの表現

「サイヤング賞」という、メジャーリーグベースボールの投手にとってもっと

ホーキング博士の英語。「光より速いものはない」は?

「ホーキングの最新宇宙論」(スティーブン・ホーキング著 日本放送出版協

「ビッグバンセオリー」より。let it goの使い方

let it go 「アナと雪の女王」で一躍有名になったこの英語

→もっと見る

PAGE TOP ↑