*

ユッキーナ、理想の母親1位。ヤンキーママがカッコよくて人気の出る心理

公開日: : 芸能, 芸能・スポーツ

 “ユッキーナ”こと木下優樹菜さんが、女子高生・女子大生が選ぶ「理想の母親」(GIRLS’TREND研究所調べ)で2年連続1位になりました。“ヤンキーキャラ”の木下さんの言葉遣いが疑問視されていますが、だからこそ1位に輝くことができたのではないか、ということを記事にしてみました。

〔記事〕理想の母親1位に木下優樹菜 ネットの批判も何のその、家族写真も大好評

“ヤンキーがモテる”という命題は昔から結構ありました。

〔記事〕内藤理恵子のブログ

 この記事に、「恋愛を考える」という著書が出てきます。


18380
出典 慶応義塾大学出版


 慶応大学の文学部の教員8名が恋愛について説いた本ですが、この中で、“なぜヤンキーはモテるのか”ということが書かれているのです。

 簡単に説明するとこういうことです。
 人間社会で生きていくためには“ヤンキー”は不利なわけです。ところが、それでも生きているということは持っている遺伝子がとても強いのではないか、と考えられます。異性からそのように判断された結果として“モテる”というわけです。


 なかなか面白いですね。


39736388_220x146


 私も昔、そのこと“なぜヤンキーはモテるか?”について考えたことがあります。
 いきなり“日の丸”の画像が出てきた理由は、“背景”と“シンボル”ということが言いたかったからです。“四角い白”と“赤い丸”の絵ですが、私たちは自然に、“白”を背景と見て“赤”をシンボルと見るはずです。簡単に言うと、“赤”の方が目立つ、ということです。

 
 これを人間に当てはめるとこのようになります。“ヤンキー”というイメージを持たれている方にとってはそれが“背景”となります。そして、およそ“ヤンキー”のイメージに似つかわしくない言動は“シンボル”となります。

 つまり、木下さんには“ヤンキー”という“背景”があるために、子育てや夫婦関係において見せる“笑顔”や“穏やかさ”が“シンボル”となり、それが強烈に若い女性たちを刺激したのではないか、というのが私の考えです。


〔動画〕フジモンと木下優樹菜ユッキーナ&まゆゆ ラッスンゴレライが話題w FUJIWARA藤本の一人芸w


 とりあえず面白いので動画を載せておきましたが、“ヤンキー”という背景がある木下さんが“変な格好”をするのはやはり印象に残るわけです。

 北野武さんが、「芸人が殺人鬼の役をやるのが一番こわい」と言っていたことがありましたが、それも同じ理由でしょうか。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

→もっと見る

PAGE TOP ↑