*

「そして父になる」で琉晴役の黄升炫(ファン・ショウゲン)くんが遊んでいたゲームウオッチとは?

公開日: : メディア

 「そして父になる」をテレビで観ました。隣にいた20歳の男が、「これなんですか?」とテレビ画面を指しました。それは、リリー・フランキー演じる斎木雄大の息子琉晴が遊んでいたものでした。
 私は、「ゲームウォッチだ!」と叫びました。その男は、ゲームウォッチを知りませんでした。私は、スマホでパズドラをやっていた彼に説明しました。
 「このゲームウォッチがあるおかげで、今そのスマホのゲームがあると言っても過言ではない」。
 
 それを機に、私は自分のゲーム史(ゲームウォッチ~ファミコン期)とでも言えるものを振り返ってみました。

ゲームウォッチ
 私が、幼稚園から小学生の低学年まで遊んだ記憶があるゲームです。見た目は、ニンテンドーDSを小さくしたようなものです。1980年に任天堂から発売されました。
 ゲームウォッチ一つに対してゲームが一つです。ハードとソフトに分かれていたわけではなかったんですね。ですから、私も、数個のゲームウォッチを持っていた記憶があります。ドンキーコングがあったのは覚えています。

ファミリーコンピューター
 記憶にあるのは、私が小学校2年生のときに、友達の家に集まって「スパルタンエックス」というゲームをやっている光景です。ゲームウォッチで成功をした任天堂は、ファミリーコンピューター(通称ファミコン)の開発に多額の投資をしました。
 発売は1983年。これは、テレビにつないでやるゲーム機です。ハードとソフトが別々になっていました。14、800円と、とても高額で、私が親に買ってもらったのは発売から2年くらい経ってからでした。ソフトは一本3、000円くらいしましたが、誰もが数十本持っているのは当たり前で、お互いに貸し借りをしていました。当然、貸し借りにまつわるトラブルが起こり、私が言ってる小学校では、「ファミコンのソフトの貸し借りはやめましょう」と先生が言っていたものです。
 社会現象になったのは、「ドラゴンクエスト」です。私がやったのは、「ドラクエ5」の途中までです。ドラクエの発売日になると、おもちゃ屋には行列ができ、買うことができない人もいました。1作目の発売が1986年ですから、バブル期と重なって大ヒットを記録したのですね。

 また気が向いたらファミコン以降を書きたいと思います。


Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

→もっと見る

PAGE TOP ↑