*

5月14日とくダネ。マックンの浮いている砂浜足跡写真はクレーター錯視!?浮いている船の画像もあります

公開日: : とくダネ, メディア

 今朝(5月14日)の「とくダネ」。最初のニュースは、“浮いて見える砂浜の足跡”。芸人の「パックンマックン」のマックンが、砂浜で子ども足跡を取ったところ、それが“浮いて見える”というので話題になっています。これは、「クレーター錯視」という現象だそうです。

74b81518_240
出典 マックン(パックンマックン)

 これがその写真です。確かに浮いているように見えますね。


「砂浜」「足跡」で画像を検索すると、こういう写真は普通に見つかります。撮った方が特に気にしていない場合もあります。


0003
出典 ひとくちフォト

 
 これは、「クレーター錯視」という錯視現象だそうです。光が当たる角度、によってこのような現象が起こるそうです。


cratermoto36
出典 クレーター錯視

 
 これは、「赤血球と赤い帽子」という画像です。左の画像が中がへこんだ赤血球の画像で、右の画像が中が膨らんだ赤い帽子のような画像です。この画像を観た後で、下の画像をご覧ください。


cratermoto36


 同じ画像を載せているだけのように思えますが、実はこれ、画像を180度回転させて載せているのです。本来だったら、画像を逆にしたのだから、左が帽子で右が赤血球になるはずです。
 
 つまり、私たちの目は、凹凸をありのままに認識しているのではなく、光と影の関係によってそのように“見ている”ということなのです。


「とくダネ」では、小倉さんが、「だったら光を逆に当ててもらえれば俺もへこんで見える」とジョークを飛ばしこの話題は終わりました。


 次は、この画像をご覧ください。


73553803929ac9df_m
出典 RETRIP


これは、「クレーター錯視」の画像ではないのですが、船が浮かんで見えます。

 もっと見たい方は、出典 RETRIPをクリックしてみてください。

 これは、「船がうかんで見えるほどの透明度『ランペドゥーザ島』の海がキレイすぎる!」という記事に掲載された写真です。

 ランペドゥーザ島は、イタリアの南にある島です。このような写真を撮ることができるのは、海の透明度の高さのおかげ。そこに太陽光が当たり船が浮いたように見えるそうです。

 

 




 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

→もっと見る

PAGE TOP ↑