*

引退ではなく育休、俳優金山一彦さんブログで語る。大渕愛子さんのため 

公開日: : 子育て, 生活, 芸能, 芸能・スポーツ

俳優の金山一彦さんが、育児休暇をとって子育てに専念することを発表しています。一部のメディアで、“俳優引退”なんて書かれてしまいましたが、ご本人は、「引退ではない」とはっきり否定しています。そして、ブログでその理由について語っています。奥様の弁護士大渕愛子さんのことを思ってのことです。

〔ブログ〕きんたの小冒険 金山一彦@オフィシャルブログ

大渕さんは出産一ヶ月で仕事に復帰したということですから、すさまじい精神力と体力なのか、それが弁護士という仕事の性なのか、とにかくすごい。

私も子育て中(4歳)であり、興味のあるニュースです。


34003554_220x126
出典 プリ画像by GMO


私も“イクメン”と呼ばれていました
最近、“イクメン”という言葉はそれほど言われなくなりました。うちの子供が産まれた頃は、メディアにもよくこの言葉が飛び交っていましたが。

この言葉は、あくまで子育てをするのは女性で、自分も子育てに関わろうとする男性のことを言った言葉です。

今は、男性の育児休暇が言われていたり、金山さんのように、奥さんが働いて、自分が子育てに専念する方もあらわれてきましたから、“イクメン”という言葉ではおさまりきらなくなった感があります。


男性の育児休暇
もし自分も育児休暇が取れていればどんなに楽だったろうかと思いますが、当時の仕事を考えるとそれはどだい無理でした。実際に、女性の育児休暇取得率が83%くらいに対して、男性のそれは2%程度くらいです。

これを機に“育児休暇”について調べてみました。

〔PDFファイル〕パパの育児休業を応援します 厚生労働省

まあまあのボリュームなので、読むのが億劫(おっくう)な方のために要点をまとめておきます。

まずおさえておくべきは、

・妻が専業主婦、育児休暇中でも男性も取ることができる

・育児休暇で無給になった場合でも、国の経済支援がある

です。

会社は、育児休暇を取る社員に対して給料を払う義務はありません。

育児休業の取り方にはいくつかのバリエーションがあり、産後8週間とり、数ヵ月後また取ることも可能です。また、“短時間勤務制度”という、文字通り“休業ではなく勤務時間を短くする”こともできます。


この制度は会社が行うかどうかのものではないので、すべての労働者が会社に申請をすれば会社は拒否することはできません。もちろんそれにより“不当な扱い”を受けるということは、法律で禁止されています。

人間には“コンフォートゾーン”というものがあり、新しいことを受け入れることには時間がかかりますが、金山さんのような方が今後も出てくるでしょうから(俳優業とサラリーマンでは違いますが)、数年後か数十年後には普通のことになっていると思います。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

→もっと見る

PAGE TOP ↑