*

PL学園野球部の上下関係は厳しい。元ジャイアンツのピッチャー橋本清さんが語っていました

公開日: : 最終更新日:2015/09/22 芸能・スポーツ

4ヶ月前だったか、名門のPL学園の野球部が突然「募集停止」を発表しました。


とうぜんその影響か、今年のPL学園の受験者(付属中学からの内部進学者はのぞく)は、定員75人に対し28人でした。




KKコンビ



足成野球1
出典 写真素材足成


PL学園野球部は、私の世代では、桑田さん清原さんのKKコンビで知られています。PL学園野球部は、上下関係が厳しいことで有名です。

私も中学校は野球部出身で、確かに野球部の上下関係は厳しかったのですが、PL学園出身で元ジャイアンツの橋本清さんが「プロよりも厳しかった」とテレビで言ったくらいですから、相当なものだったのでしょう。

そのエピソードの中に、「寮では、1年生も3年生と同じ部屋割で、付き人をしなければならない」、「夕食のメニューが『豚のしょうが焼き』だったとき、しょうが焼きが嫌いな先輩がいて味付けを後輩が変えた」など、私にとっては驚きでした。



桑田さんのほうが厳しかった



足成グローブ
出典 写真素材足成


同じくPL学園野球部出身で元中日ドラゴンズの立浪和義さんが興味深いことを言っていました。「私は、清原さんより桑田さんの方が厳しかった」。

 この発言は大変面白く、私はこのように考えます。

 PL学園野球部の上下関係が厳しいことは生徒たちももともと覚悟のうえです。

厳しいのですが、それが日常になってくると、人間はそこに違和感を感じなくなります。これを「コンフォートゾーン」といいます。
私も経験があり、かつて警察学校にいたとき、最初は厳しくてたまらなかったのですが、1ヶ月も経つとそれが平気になってきます。

それは周囲が変わったのではなく、自分の心が変わったのです。

では、今再び警察学校でやれるかというとやっぱり出来ないでしょう。まあ、1ヶ月も経つとまたそれがコンフォートゾーンになるのでしょうが。



桑田は優しい人



足成人形
出典 写真素材足成


PL学園に話を戻しますが、そんな中、「穏やかな桑田先輩」がいます。
後輩が「粗相」をすると、おそらく清原さんは怒ります。後輩もそれをむしろ予想、「期待」しています。

ところが、その「期待」に反して「いいよ」と許してくれる桑田さんに対しては「違和感」を感じてしまうのです。「期待通り」ではないのでスッキリしないのです。

そして、頭のいい人ほど(立浪さんは顔からして頭がよさそうです)勘ぐります、「きっと何かあるに違いない」。そして、桑田さんに対してむしろ警戒心を起こしてしまうのです。

 私は、桑田さんは「本当に優しい人」だと思います。「優しい」という言葉の意味は、「自分が立場が上になったときにそれを行使しない」です。

「桑田さんが優しい人」と私が思う理由はこちらに書いています。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大谷翔平初ホームラン!実況は英語でなんと叫ぶ

You tube は私の英語学習に欠かせないツールですが、重要なのは好

大谷翔平メジャーデビュー!実況は英語でなんと叫ぶ?

興奮するのはまだ早急かもしれませんが、オープン戦のことを考えれば、すで

メジャーリーグより 英語で驚くときの表現

「サイヤング賞」という、メジャーリーグベースボールの投手にとってもっと

ホーキング博士の英語。「光より速いものはない」は?

「ホーキングの最新宇宙論」(スティーブン・ホーキング著 日本放送出版協

「ビッグバンセオリー」より。let it goの使い方

let it go 「アナと雪の女王」で一躍有名になったこの英語

→もっと見る

PAGE TOP ↑