*

歴代ブルートレインのひとつ「出雲」、現在の「サンライズ出雲」を紹介します

公開日: : 観光・旅行

 12年前、私が島根県に住んでいたとき、松江-横浜間の往復で、「サンライズ出雲」を利用したことがありました。私が利用したのは、個室のBで、そんなに広くはなかったのですが、人一人が快適に寝るだけのスペースは十分にありました。
 晩御飯をコンビニで買って乗り込み、ちょっとしたラウンジのようなスペースで食べ、すぐに個室へ行きました。外の景色を観ていたら一睡もできませんでした(初めて寝台列車に乗った興奮もあったのでしょう)。
 こんなことがありました。夜中、突然「ドーン」という大きな音がしました。私の一つ隣の部屋から聞こえてきました。次の駅で停車したときに、廊下がざわつき始めました。廊下に出ると、関係者と思われる男性2人と若い女性が話をしていました。
 私は、その話が終わると、「隣の方ですよね?」と、その女性に話かけました。
 どうやら山間部(中国山地)を走っているときに落石があり、それが私の隣のその女性の部屋の窓ガラスにぶつかりガラスが割れたそうなのです。幸いその女性にケガはありませんでした。カーテンを閉めていたので割れたガラスを浴びなくてすんだそうです。
 結局、簡単な補修がなされて列車はそのまま運行しました。私は、カーテンを閉めずにずっと外の景色を眺めていたので、ほんの少しずれていたら私がケガをしていたことでしょう。

 さて、近年の「出雲大社ブーム」にのっとり、「サンライズ出雲」の利用者が増えていると地元の父親から聞きました。関東の特に女性が、2泊1日(サンライズ出雲で往復して出雲大社を参拝する)の旅行をすることが流行しているとのことでした。
 去年、テレビで出雲大社が映し出されるのをよく観ましたが、その参拝客の数に驚きました。私は、松江に住んでいたときに何度も出雲大社に行きましたが、近年ほどのにぎわいを見せていた記憶はありません。

 1928年から、米子-大阪間で運転していた準急列車ブルートレイン「出雲」が2006年に、利用者の減少や車両の老朽化が理由で廃止されました。1998年に運行が開始された「サンライズ出雲」がその後釜を引き継いだ形です。

 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

→もっと見る

PAGE TOP ↑