*

我武者羅応援団(がむしゃらおうえんだん)とは?注目の「プロ応援団」

公開日: : 最終更新日:2015/02/20 メディア

「応援団」といえば、私がまず思いつくのは「甲子園」です。学ランに身を包んだ団長、チアリーダーたち、後ろの方でひたすら団旗を支えている旗手、それと、メガホンを持って応援をする生徒たち。それらをすべて合わせて「応援団」です。
 次に、「大学の応援団」です。私が大学入学後、まず驚いたのは「応援団のすさまじさ」でした。大学の応援団は、即席ではなく、伝統ある体育会系のクラブです。大学の構内で普段から黒い学ランを着ているので応援団のメンバーはすぐにわかります。彼らは夏でも学ランを着ているのです。たまたま、私が所属していた学部の先輩が応援団長だったので聞いたことがありましたが、「絶対一年中学ラン」だそうです。
 私は、空手部に所属していましたが、試合や式典などの行事があるときの服装は学ランでした。居酒屋も学ランで行っていました(もちろん20歳以降です)。学ランでお酒を飲むことにも違和感がなくなるのですから、今から考えると変な話です。私が卒業をしてしばらくすると、学ランは廃止されスーツになりました。それでいいと思うのですが。

 さて、そんな私の応援団に付け加わったのが「プロの応援団です」。我武者羅応援団(がむしゃらおうえんだん)といいます。プロですからお金をもらって応援をするのです。
 我武者羅応援団は2007年に結成された現在7人組です。コンセプトは、「気合と本気の応援で世界を熱くする」です。「我々我武者羅応援団一同目の前のことに対して思いっきりガムシャラにやります。ですのであなたも目の前のことに対して思いっきりガムシャラにやってみてください」と、総監督の武藤正幸さんは、ホームページで語ります。

 紅白歌合戦にも出場したり、幅広く活動をしているようですが、個人的には、「パズドラ」のCMがとても印象的です。最初は思わず笑ってしまうのですが、細胞に響くものを感じいつのまにか「すげえ」となります。これは、大学生のときに応援団と接して感じた印象と似ています。とにかく本気でガムシャラにやっている人間の姿は心を打ちます。

 私自身は、かつて警察社会にいた頃、警察学校で大声を張り上げてガムシャラにやっていました。それ以来は「ほどほど」をモットーとしているので、「ガムシャラ」というのはないのかもしれません。すでに自分が捨ててしまった「ガムシャラ」を体現している我武者羅応援団に注目です。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

→もっと見る

PAGE TOP ↑