*

「めざましテレビ」新コーナー「みやかる」で海街4姉妹とのミラクル

公開日: : 最終更新日:2015/09/22 めざましテレビ

「めざましテレビ」で「みやかる」という新コーナーが始まります。


コーナー名は正確かどうかはわかりません。これは三宅さんと軽部さんで「みやかる」です。

本日(10日)の「めざましテレビ」で、そのロケの模様が放送されました。


Sponsored Link


「みやかる」で“ミラクル


どうもそのコーナーは、三宅さんと軽部さんの二人が観光地などを散歩する、というコーナーのようで、鎌倉を散策する様子が放送されました。

江ノ電の「長谷駅」から長谷寺へ行ったところ、そこには人だかりが。映画「海街diary」の“海街4姉妹”が、映画ヒット祈願のために長谷寺を訪れていた最中に、たまたまこの二人もはちあわせた、とのこと。

軽部さんは、「“ガチ”で驚きました」と言っていますので信じたいのですが、スタッフにその情報(海街4姉妹が長谷寺を訪れる)がなかったかどうかは疑問?ですね。三宅さんと軽部さんには黙っておいて“偶然”を演出した可能性もあります。邪推でしょうか。




シンクロニシティ


「シンクロニシティ」というのは“意味ある偶然の一致”という意味です。「海街diary」と「みやかる」のロケがはちあわせたのは“偶然”ですが、そこに“予兆”を見出すのがシンクロニシティです。

「ただの偶然だろ」で終わるのではなく、「これはお互いがヒットする予兆か」と捉えるのがシンクロニシティです。

それが事実かどうかではなく“そのように捉えること”がポイントです。


FullSizeRender


この写真は、“薄明光線”と言いますが、“天使のはしご”や“ヤコブのはしご”などとも言われます。“天使が上り下りをしている”イメージとして捉えられ、これを“吉兆”としてありがたがる方もいます。



長嶋茂雄さんの引退の理由


“ミスタージャイアンツ”として、読売巨人軍とともに生きてきた長嶋茂雄さんが現役を引退するとき、その理由として「体力の限界」ということを公表しましたが、周囲にはこんな話をもらしていた、という話を聞いたことがあります。

ぽてんヒットや内野安打が少なくなった

「ぽてんヒット」というのは、フライの打球が野手と野手のちょうど間に球が落ちてヒットになるもの。「内野安打」は、打ち損じたゴロがこれもたまたま野手と野手の間に転がりヒットになるというもの。これらは、つまり“ラッキー”なヒットです。

それが「少なくなった」ということなのです。

長嶋さんは、これを「そろそろ引退したらどうか」という野球の神からのメッセージと受け取ったということらしいのです。


シンクロニシティは、とにかく“遊び”として“楽しむこと”がポイントのようです。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ネタバレ!記憶第一話 小林隆さんといえば・・・

主人公は、中井貴一さん演じる本庄英久。職業は弁護士です。“優秀な”とい

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

→もっと見る

PAGE TOP ↑