*

ソフトバンクCMの舞台は岡山のどこ? 桃太郎は桃から生まれていない!?

公開日: : メディア, 観光・旅行

6月2日から放送されている、ソフトバンクのCMの舞台は岡山県です。私がチョイスをしたのはこのCM。桃太郎の銅像に犬のお父さんが絡んでいるというシンプルさが特徴。BGMの「what a wonderful world」と市川悦子さんのナレーションがまたいいですね。

〔動画〕白戸家「岡山」篇(銅像)(15秒) ソフトバンクホームページ



この銅像があるのはどこ?
これはソフトバンクのホームページに書いてあることですが、他のCMも含め岡山県の奥津峡を中心に撮影がなされました。


087_pic1
出典 おかやまけんの自然百選


この、犬のお父さんが“共演”をしている桃太郎の銅像は、岡山駅前にあるもので間違いがなさそうです。


1_image_1
出典 岡山観光コンベンション協会



桃太郎は桃から生まれていない!?
「あばあさんが川で洗濯をしていると、川上から大きな桃が“ドンブラコ”と流れて・・・」という話から始まるのが、童話「桃太郎」です。

おじいさんは“しばかり”に行きましたが、これはしばしば“芝刈り”と勘違いされます。“しば”というのは、枯れ枝や枯れ葉のことで、昔は火を起こすのにかかせませんでした。それを山に取りに行くのがおじいさんの仕事で、それを“しばかり”と言っているのです。

それで、この桃を家で割ってみると、そこに赤ちゃんがいて、それが成長して桃太郎になるのですが、実話は違います

本当は、おじいさんとおばあさんでこの桃を食べたのです。桃には滋養強壮の効果がありますから、おじいさんとおばあさんはそれで“やる気”になったのです。それで生まれたのが桃太郎なのです。

子どもにこの話をするときに、さすがにこれではまずいから“桃から生まれた”という話にデフォルメしたのですね



桃太郎は陰陽道の話

〔衝撃〕昔話 桃太郎は陰陽道の話だった NAVERまとめ

説明するよりも、興味がある方はこの記事を読んでいただいたほうが早いのですが、つまり、「桃」にも「さる」「鳥」「犬」にも「鬼」にも、陰陽道的な意味があるということですね。

何のためにこのような物語が作られたのか?という問いに対する仮説ですが、“言霊”から説明することが可能です。
“言霊”とは、簡単にいうと、“言ったことがその通りになる”ということです。


藤原道長という人がいました。かつて天皇家をしのぐほどの勢力を持った藤原家ですが、道長がこんな歌を詠みました。

この世をば 我が世とぞ思う 望月の 欠けたることも なしとおもえば


これは、藤原家の繁栄について詠んだものですが、“自慢”をしているわけではありません。このような美しい歌を詠むことにより、“本当にそのとおりになる”という“言霊”の力を発動したのです


「桃太郎」も、この“陰陽道説”によると“縁起がいい”物語になっています。ときの為政者がこの物語を作らせたと仮定すると
、その意図は、「このような“縁起がいい”物語を作ることにより本当にいい世の中になる」という、言霊を信仰してのことである可能性があります。




Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ネタバレ!記憶第一話 小林隆さんといえば・・・

主人公は、中井貴一さん演じる本庄英久。職業は弁護士です。“優秀な”とい

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

→もっと見る

PAGE TOP ↑