*

佳子さま 美智子さまから受け継いだ心遣いを実践 触れ合いは昭和天皇から始まった!?

公開日: : 経済・歴史

佳子さまは、6月6日、7日に山口県を訪問され、海底広域研究所の命名・進水式に出席しました。船の名前「かいめい」の名付け親である小学3年生の男の子に対して、中腰で目を見ながら、「小さいときから船は好きなの?」と笑顔で語りかける姿が印象的でした。

〔記事〕佳子さま 船舶式典のために斧を振り落す練習を入念にされた NEWSポストセブン 2015/6/12 7:00

国民と触れ合われる際、相手の目線にご自分の目線を落とされる対話方法は、皇后・美智子さま(80才)が天皇陛下(81才)とともに始められたもの


という一節がありましたが、そもそも“国民と触れ合う”ということ自体をやり始められたのが昭和天皇、つまり美智子さまと天皇陛下のお父さんなのです。



人間宣言
1945年に日本は“敗戦”をしました。そして1946年1月1日に官報より発布された「詔書」の中で、昭和天皇(“昭和天皇”というのは亡くなられた後の呼び名ですがここでは統一してそう記します)が“現人神(あらひとがみ)”であることを否定したと解釈できる部分があり、それを天皇の“人間宣言”といいます。

この“現人神であることを否定すること”は、日本を統治していたマッカーサー率いるGHQの急務でした。


これらのところはたしか小室直樹さんの本で学んだところだと記憶していますが、定かではありません。


“神であること”は否定したいマッカーサーですが、昭和天皇の“人格”や、それを慕う日本人の心まで否定したわけではありません。むしろ、日本が復興をするためにそれは“利用できる”と思ったのです。

昭和天皇は、1946年から約9年かけて日本全国を巡業されましたが、マッカーサーもそれは反対しなかったとか。


ここが私の記憶があいまいなところですが、その巡業で、昭和天皇は“国民と触れ合う”ということをされたそうなのです。それは前例のないことで、どういうふうに話したらいいのか、何を話したらいいのか、まったくわからなかったといいます。


情報はあいまいなままですが、とにかく、この“天皇および皇室の方が国民と触れ合う”というのは日本の歴史の中でこの100年くらいの出来事である、ということをおさえておきたいと思います。

昭和天皇のそんな姿を見て育った現在の天皇は、さらに“膝を付き国民と同じ高さの目線で”ということをされているのです。

現在では当たり前のようにテレビに流れる天皇と美智子さまのそんな姿を1000年前の天皇家の方々が見たら腰を抜かす、というわけです。1000年前どころか、100年前でもそうかもしれません。

佳子さまのあの姿にも“日本の歴史”が込められているわけです。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

→もっと見る

PAGE TOP ↑