*

バカリズム脚本ドラマ 「めざまし」で竹内結子・真木よう子・水川あさみがいじる

公開日: : 未分類

本日(6月23日)午後10時から、芸人のバカリズムさんが脚本を書いたドラマがフジテレビで放送されます。タイトルは、「かもしれない女優たち」。竹内結子さん、真木よう子さん、水川あさみさんが“本人役”で出演します。ドラマの設定は、もしこの3人が女優として売れていなかったらどんな人生を歩んでいたか、です。

今朝の「めざましテレビ」では、バカリズムさんと三人のトークがくりひろげられました。テーマは、ずばり、「もしバカリズムが芸人じゃなかったら」です。



ドラマの内容は?
まずはそれぞれの“ターニングポイント”から始まります。真木さんと氷川さんはオーディション、竹内さんは原宿でのスカウトです。それが“失敗”

真木さんはエキストラをやりながらアルバイトをこなす日々。氷川さんは、友人が女優として成功しています。竹内さんは編集者としてまあまあ満足した生活を送っています。

この三人がひょんなことから接点を持ちます。詳しくはドラマをご覧ください。



バカリズムが芸人じゃなかったら?
今朝の「めざましテレビ」では、この四名が楽しそうにお喋りをしている様子が放送されました。「めざまし」からの要請なのか、「もしバカリズムが芸人じゃなかったら何になっていたと思いますか?」と女優三人に質問。

それぞれの答えは、

竹内さん:小説家

この答には、バカリズムさんもご満悦で、「おー、ということはこの脚本がよかったということか」とコメント。

真木さん:盗撮カメラマン

「なんだよ“盗撮”って」とすかさず突っ込みを入れるバカリズムさん。「だって、暗いじゃん」と真木さんはいつもの“淡々”とした口調で言います。

水川さん:監督

この瞬間、「おっ」と言ったバカリズムさんですが、「アダルトの」と水川さんが付け加えると、バカリズムさんはいつもの“笑い”を見せます。


結局、竹内さんだけが“まともな”答えでした。ドラマの中では、竹内さんだけが「編集者」というまあまあの設定でしたから、そのお礼でしょうか。

一方、ドラマの中でうだつのあがらない人生を送らされている残りのお二人はこんなところで“リベンジ”でしょうか。


そういえば、これはご本人が明かしていることですが、橋田壽賀子さんは、「渡る世間は鬼ばかり」で気に入らない役者がいると、ストーリーからその俳優さんや女優さんを外してしまうそうです。脚本家ならではですね。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

→もっと見る

PAGE TOP ↑