*

マリンランド奇跡の金魚と30年ぶりの刊行を祝う三津浜のオバQ!? 

公開日: : 社会

魚に関する話題を2点取り上げました。ひとつは、“マリンランドの奇跡の金魚”。そしてもうひとつは、“三津浜の謎の魚”です。



マリンランドの奇跡の金魚
三重県志摩市の水族館「志摩マリンランド」の話。

“エサ”だったはずの金魚が、展示されるまでにいたった“奇跡の金魚”はこちらです。


photo_5
出典 志摩マリンランド


体長は25センチ、体重は360グラムの巨大金魚です。色は文字通り“金”。

金魚の飼い方.com

↑こちらの記事によると、金魚は、30センチを越えることも珍しくないそうです。それには、飼い方がとても重要だそうで、水質などの管理と、遊泳スペースを確保してあげるなどの工夫で7、8年くらい生きることもあるそうです。


さて、この“奇跡の金魚”、もともとピラルクのエサとして、水槽に入れられたのでした。ピラルクはこんな魚です。

〔動画〕巨大古代魚 ピラルクーの食餌映像

しかし、この金魚はピラルクから逃げまどい、数センチの排水口をすり抜け、浄化槽の中へ逃げることに成功したのです。その浄化槽の中で、すくすくと育ったのです。

ひとりでのんびりとできたのでしょう。色が“金色”になったのは、光をまったく浴びることがなかったからだそうです。



三津浜の謎の魚
続いての話題は、愛媛県の三津浜の市場にあがった謎の魚です。画像はこちらの記事からご覧ください。

〔記事〕三津浜の市場で釣りあげられた謎の生物に「これは生き物?」の声殺到

ある方がツイッターにのせたところ、リツイートが1万以上。

「地球外生物だったりして」「まるで、おもちゃみたい」「オバQみたい」などのコメントが殺到しました。

私は世代的に“オバQ”に反応しましたが、画像はこちらの記事から。確かに似てますよね。

〔記事〕『オバQ』コミックス30年ぶり刊行 「時期が来て、すべての環境が整った」

まるで、この30年ぶりの刊行を祝うかのように登場した“オバQ魚”です。


そういえば、私が小学生のときに、“人面魚”というのが話題になりました。


jinmengyo
出典 人面魚


一日に1万人の観光客が訪れるくらいの話題になりました。当時は、ブログやツイッターで拡散、なんてことはありませんから、雑誌やテレビで話題になると、実際に見に行くという行為にでたわけですね。


これらのニュースによって、マリンランドや三津浜に行く人は増えるのでしょうか?

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

→もっと見る

PAGE TOP ↑