*

7/1うるう秒とは?GPS時計は調整必要 絶対時間はない!?

公開日: : 科学・テクノロジー

2015年7月1日午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「うるう秒」が入ります。前回の「うるう秒」は2012年午前9時。「8時59分60秒」という時間をデジタル時間が表示しました。



うるう秒とは?

〔記事〕「うるう秒」来月1日実施へ対策進む NHK NEWSWEB 2015.6.28

「うるう秒」という概念が登場したのは、原子時計が登場した以降の話です。1967年に「1秒=セシウム原子が91億9263万1770回振動する時間」と再定義されたため、地球の自転との“差”を調整する必要があるのです。

地球の回転速度は一定ではなく、速かったり遅かったりするので、「うるう秒」を入れたり抜いたりして、“つじつま”を合わせているのです。

1972年~2014年までに行われた25回はすべて「うるう秒」が挿入されています。



GPSウォッチ
“GPSウォッチ”という時計があります。GPS衛星を通じてその国々の正しい時刻を取得する腕時計です。


img_giugiaro
出典 SEIKOホームページ


これは、セイコーの「アストロン」。


pd_slw_cc200x_01
出典 CITIZENホームページ


シチズンの「エコ・ドライブサテライトウェーブ」。うるう秒を繫栄させるためには、7月1日9時以降に手動でGPS時刻受信を行う必要があります。

↑このシチズンのホームページでは、つねにGPS時刻を表示させています。「8時59分60秒」がおそらく表示されると思うのですが。



時間とは?
この「うるう秒」のニュース。多くの人にとっては影響のない話かもしれませんが、よく考えてみると、大きな気付きを与えてくれます。それは“時間は存在しない”ということ、です。

正確にいうと、“絶対時間は存在しない”です。

「絶対時間」とは、この宇宙が始まってから“一定”に流れている“時間”があること。宇宙は、すべてその“時間”に従って正確に動いている、という考え方です。

それは、理論的にはアインシュタインの「相対性理論」によって否定されています。

それを私たちは、この「うるう秒」のニュースによって実感することができます。地球は、私たちの思いとは裏腹に、正確に時間に従って動いているわけではないのです。

私たちは、「絶対時間」という考え方を元にしがちですから、「実は地球の回転速度にはムラがあり」という言い方をしてしまいます。

ところが、地球からしてみると、それは“勝手に”人間が決めたことで、自分の動きに「法則性」というのはないのです。

では何があるかというと“変化”。最後は宗教的な話になりますが、仏教に“諸行無常”という言葉がありますね。

“常ではない”ということだけなのです。


「8時59分60秒」によって、「絶対時間」という“思い込み”から解放されるかもしれません。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

フランス語で「ボザー」とは?バザー?

私は25歳のときに1年間フランスに行きました。大学のときは フランス

企画を通すコツ!には一人でも味方をつけること

アイディアがあるのに通らない そんな悩みを持っている方いませんか

→もっと見る

PAGE TOP ↑