*

7/6ボクらの時代 尾木ママと乙武教育論 道徳は?学校に行かなきゃいけないの?

公開日: : 福祉・教育

7月6日の「ボクらの時代」(フジテレビ)では、“尾木ママ”こと尾木直樹さんと乙武洋洋匡(ひろただ)さんが「教育」について語りました。もうひとかたいらっしゃいましたが、ここでは二人にしぼらせていただきます。



“尾木ママ”誕生はさんまさん
尾木さんは、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)で一躍有名になった方です。最初にそのときのエピソードを語りました。

それまで教育番組にはよく出演しており、「テレビ出演には慣れている」と思っていた尾木さんでしたが、バラエティ番組は初めてだったそうです。

さんまさんが醸(かも)し出す空気に気を許し、まるで家族と喋るような喋り方をついしてしまったそうです。

「さすがさんまさん」と思ったそうですが、

さんまさんがすかさず

「ママ!」

と言ったことから“尾木ママ”が誕生しました。



道徳教育について

〔記事〕道徳教科化 「愛国心」を堂々と育もう 産経ニュース 2015.3.24

「道徳」という授業は以前からありましたが、それを“教科”にしようということが決まったようです。

この記事によると、平成30年からの実施だそうです。


尾木ママは、

「道徳的な判断はできるかもしれないが・・・」という発言をしました。

(おそらく)尾木ママが言いたかったことをまとめると、

「自分以外の他人がやることを道徳的に批判することはできるようになっても、“自分で自分を律する”ことができるようになるかは別」

ということだと思います。


乙武さんは、「導入されるなら・・・」と言ったあと、

「たとえば、“嘘を付いてはいけない”と教えるのではなく、“嘘を付いていい場合はあるのだろうか。だとしたらどんな場合だろうか”ということをみんなで話し合えるような授業がいい」

と述べました。



多様な教育を認める
これは、番組内で取り上げられた話題ではありません。

[記事]多様な教育機会確保法(仮称)案、寄せられた声 不登校新聞 2015.6.15

あまり大きなニュースになってはいませんが、

「フリースクールやホームエデュケーションなどの教育も法的に認めましょう」

という動きが進んでいます。


私は、身近にフリースクールの関係者がいますので、この運動がどんな“思い”で進んでいるのかを知っています。

「学校に行くことが当たり前」の社会では、学校に行かない人を“問題視”するようになります。こういう人はほぼ“善意”です。

心配をして「だいじょうぶかな」という目で見ているのです

ところが、そのように見られる側は、

「自分はダメなんじゃないか」

と自分で自分を否定するようになります。

この運動は、学校に行くことも行かないこともただの“選択肢”と思えるような社会になる第一歩といえるかもしれません。



乙武さん大学院入学
乙武さんは大学院に通っているそうです。それは“学びたいことがある”からです


尾木ママによると、北欧では、大学生の平均年齢が29歳だそうです。社会人をやりながら大学に行ったりということは当たり前だそうです。

“学費が無料”というのは大きな理由だとは思いますが、“自分が勉強したいから行く”という意識はあると思います。


「就職に有利」という学校に行く理由。私の周囲の子どもたちも当たり前のように使います。福祉にいると、そんな実感(学歴が就職に有利)はありませんが・・・。



「教育家族」とは?
このお二人は教育に関わる方ですので主に学校の話になりました。私は福祉ですので、「教育家族」に触れておきたいと思います。

そうでなければ、“学校だけが悪者”みたいになってしまいます。私も人の親として自分自身に突きつけてきたことがこれです。

参考文献は、「母という暴力」(芹沢俊介著 春秋社)です。

「教育家族」の定義は、

「わが子の教育にしか関心をいだかなくなった家族のあり方」

です。

簡単にいうと、

いい成績→いい学校→いい会社

という考えをベースにした子育てです。

ところが、とうの昔に、「いい学校→いい会社」は保証されなくなってきています。

それでも受験熱は冷めないし、“子どもは教育の対象”とする捉え方も残っています。

著書では、「分断線」という言葉が用いられています。

たとえば、子どもの「好き・嫌い」です。これを、「好き=いい子/嫌い=わるい子」としたときに、真ん中の線を「分断線」と言っています。

この線が、教育家族の親の心の中では好悪の感情になります。

この構図が「登校/不登校」にも及ぶという話です。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑