*

手足口病とは?感染と予防について 子どもを怒鳴らない健康法 

公開日: : 健康

「手足口病」の流行について、各地で警報や注意報が出ています。「手足口病」というのは夏かぜの一種で、発熱や口内炎、手足の水疱性発疹が特徴です。感染はするのか?予防法は?などをテーマに記事にしました。そして、私も4歳の娘がいますが、あくまで“民間療法”として彼女の健康に気をつけていることがあります。簡単にいうと、子どもが“ストレス”を感じないように気をつけているのです。



埼玉県流行警報発表!

〔記事〕「手足口病」流行、埼玉県が警報 産経ニュース 2015.7.9

ある病院で1週間の患者数が「5人」を越えると警報が発せられます。

手足口病は夏かぜウイルスの仲間ですから、飛沫感染や接触感染でうつります。

やはり、保育施設や幼稚園などの場での感染が懸念されています。子どもたちは接触をすることが多いですからね。


44604511_357x636


昔、私が警察学校に行っていたとき風邪が流行ったことがありました。寮生活で、半分くらいが風邪で学校を休みました。

お風呂に入るのもみんな一緒、トイレのタオルはもちろん共有ですからね。

ただ、学校が休めるので“ラッキー”と思っていた輩(やから)も多くいたはず。


人間の心というのはすごくて、私の周囲の子ども(15歳から20歳)には、“仕事になると具合がわるくなる”人がたくさんいます。友達と遊びに行くときはそんなことがないのに・・・。

気持ちの問題だけではなく、本当に熱が出たりするのですから不思議です。


予防は“風邪”と同じ。手洗いをきちんとしましょう、ということです。



怒鳴ると子どもの体が“弱る”!?


プリ画像風邪
出典 プリ画像


私の娘はおかげさまで健康でいます。一度だけ熱が出て病院につれて行ったことがありましたが、特にウイルス性のものではなく、すぐに治まりました。


さて、私が“子どもの健康のためにしないように”気をつけていることです。できているかどうか、はおいておきます。


怒鳴らない
ここではあくまで“健康”にフォーカスをしています。“教育的”にどうか?ということはまた別のところで。

“怒鳴ると相手がおとなしくなる”ということを経験している方は多いと思います。私もそんな頃がありました。ですから“自分の言うことをきかす”というときに使ってしまいがちな方法です。

私はある本で、「なんでおとなしくなるのか?」ということを学び愕然としました。相手の“機能が弱っている”のです。

怒鳴られた瞬間、体中を巡っている毛細血管が収縮します。すると、血液がいかなくなりますから、脳みそや筋肉が“はたらかなくなる”のです。

健康的にどうか?というところです。


45817583_220x146
出典 プリ画像


せかさない
「早くしなさい」と言いたくなる気持ちわかります。私も言ったことがあります。子どもとバスに一緒に乗るときに(後ろには行列があります)、ついつい「早く」と子どもをせかしてしまいました。

後に、子どもから

「やめてほしい」

というニュアンスのことを言われ反省しました。まあ、言葉で表現できるように育ってくれているところはいいです。

せかすと、子どもは「あー、どうしよう、どうしよう」という感じになりますよね。あれは“ストレス”です。

そのストレスが“膿”となってアトピーなどの形で出てくるそうです。


やはり、笑ってすごせるのがいいですね。“笑いが免疫力をあげる”ことは多くのお医者さまも指摘しているところです。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ネタバレ!記憶第一話 小林隆さんといえば・・・

主人公は、中井貴一さん演じる本庄英久。職業は弁護士です。“優秀な”とい

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

→もっと見る

PAGE TOP ↑