*

高橋ジョージさんは三船美佳さんの「女性心理」を理解することができなかったのではないか、の考察

公開日: : 芸能・スポーツ

 2015年1月16日に、三船美佳さんは所属事務所を通じて高橋ジョージさんと離婚訴訟中であることを発表しました。三船美佳さんは17日の会見で、「『先方』には、とにかく体をこわさないでほしい。お互いこれを機に新しい人生を歩めたらいいですね」(「先方」とは高橋ジョージさんのことです)、とすっきりした表情でおっしゃいました。
 そんな、未練をまったく見せない三船さんの一方で、「寝耳に水」、と「話合い」を求めているのが高橋ジョージさんです。

「女性心理」などとタイトルで偉そうなことを言いましたが、私はとりあえず、「女性は『別れる』と一度決めたらそれを覆すことはない」ということを20代のときに学び、自分の経験に照らし合わせてもそうだ、ということを確信しています。自分から別れ話をしておいて、数年後にまた「やり直したい」などと言うのはほとんど男なんですよね。と言っても、私も高橋さんの立場だったら食い下がるかもしれませんが。
 ただ、女性は冷たいようですが、こちらも腹をくくってあきらめることができればその後も「友人・知人」として普通に付き合えることができる、ということも経験上確信しています。「いい関係」を続けることができるよう祈っています。

「男と女はこんなにちがう―なかなかわかり合えない男と女―」(小林正観著 弘園社)という本にこんなことが書いてあります。あくまで、これは私が読んで納得し自分の生き方に取り入れていることで、「客観的に正しいこと」ではありません。
 ある日、突然女性が変わって男性は驚くことがあります。高橋ジョージさんも「寝耳に水」だと言っていました。しかし、これを「突然」だと思っているのは男性の側で、女性にとっては「当然」なのです。男性は気が付いていないだけで、女性はそれまでの積み重ねの結果としてそのように変わったのです。私の妻によると、女性はそれを隠しているのではなく、「サイン」は出しているとか。そこに男性が気が付くことができればやり直すことも可能だそうです。高橋さんは三船さんが出していた「サイン」に気が付かなかったのかもしれません。

 私はどうしているか、と言えば、こういう話も含めて妻との会話の時間を大切にしています。「妻でいてくれるのが当たり前だ」と思い始めると、その「サイン」に気が付かなくなるのかもしれません。

 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

→もっと見る

PAGE TOP ↑