*

ディズニーで働く!30日めざましテレビ特集真夏のキャスティングフェスティバル

公開日: : めざましテレビ

7月30日の「めざましテレビ」では、“この夏やりたいアルバイト”をテーマに街頭インタビュー。「警備員」「イベントスタッフ」などの答えがありましたが、「めざまし」が潜入したのは、ディズニーリゾートの“真夏のキャスティングフェスティバル”です。


80ff42cd3b08e9f319d0a15ca3662376-300x199
出典 東京ディズニーリゾートキャスティングセンター


これは、ディズニーリゾートがキャスト(ディズニーリゾートで働く人)を大体的に募集をする“イベント”です。

アトラクションの案内やナースキャストなど30種、1400人を採用予定です。


この「真夏のキャスティングフェスティバル」はまさに“フェスティバル”。

現役のキャストたちが“仕事の紹介”をしてくれるのですが、それがディズニーランドそのままですから、参加者も楽しみながらの仕事探しです。


東京ディズニーリゾートキャスティングセンター

期間は、昨日(29日)と本日の2日間。↑こちらのホームページでは、すでに「募集は終了しました」と掲載されていますが、今朝の「めざまし」では、

本日の飛び込み参加もオーケー

と言っていました。

今からでも遅くないみたいです。「めざまし」の責任で飛び入り参加をしてみてはいかがですか。



こんな方々が参加
会場の外?で参加者にインタビュー。


東京ベイホテル舞浜
出典 東京ベイ舞浜ホテル東京リゾート


警察官をやめたばかりという19歳の少年がいました。

もと警察官の私としては想像ができてしまうのですが、高校を卒業して警察学校に行ったものの、警察学校について行けずにやめた感じですね。

人のために役立つ仕事がしたい

ということです。

意外に、こういう動機で警察官になった人ほど続かない、というジンクスがあります。



「アメリカからきました」という男性。

日本語がうまくなるため

という理由です。


集まる人たちは、ほぼ“ディズニー好き”でしょうが、それが“ディズニー愛”にまでなっている方々も。

高校1年生の女の子は、

(ディズニーで働くことが)昔からの夢

といいます。

年間40回もディズニーにくるそうです。

労働年齢は16歳以上ですから、

ついにこのときがきた

という思いです。


なぜか笑顔になる

という専門学校に通う男性。


この男性は3週間前に、たまたまディズニーシーで「めざましテレビ」のインタビューを受けていました。

そのときは

遊び半分勉強半分

で参加していたそうです。



人間の脳は、

本当にやりたいことをやる

というときに、ものすごい能力を発揮します。


仕事を楽しみたい

とは考えるものの、正直に自分の心に問えば

本当にこれがやりたいのかな?

と思うこともあるでしょう。


ディズニーで働く人たちは、とりあえずその“動機”は理想的ですね。

本当に「やりたい」という人ばかりです。


もちろん働き始めたら“いろいろ”あると思います。ただ、「やりたいから」「好きだから」という気持ちは強い。


私は大学卒業後、

(公務員で)安定しているから

という理由で警察官になり、1年もちませんでした。


とにかく、このインタビューを受けた方々から

働くこと

について改めて学んだ感じがします。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ネタバレ!記憶第一話 小林隆さんといえば・・・

主人公は、中井貴一さん演じる本庄英久。職業は弁護士です。“優秀な”とい

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

→もっと見る

PAGE TOP ↑