*

インターハイサッカー注目  立正大湘南に米子北 山陰が強い理由(わけ)

公開日: : 最終更新日:2016/12/30 スポーツ

8月2日から9日まで、「平成27年度全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会」が行われます。


私が注目するのは、島根県代表の立正大湘南高校と、鳥取県代表の米子北高校です。

なぜ注目するか?それは“全国で勝てる”からです。





12062301
出典 写真素材足成


私も年をとるとともに、

スポーツは勝ち負けではない

ということがわかってきました。というか、

勝つか負けるか

ということにこだわらなくなるのです。


ただ、サッカーにかぎらす、島根県や鳥取県の代表は

勝負にならない

のです。

1回戦負けはあたり前。そして“ボロ負け”なのです。


関東や関西の高校と同じ土俵で戦えるようになった

ことで興味を持つようになりました。



プロサッカー選手も輩出



足成佐太
※島根県佐太神社
出典 写真素材足成


立正大湘南高校サッカー部は、過去のインターハイで

2010年 ベスト8
2011年 ベスト4
2012年 ベスト4


などの好成績を残しています。


立正大湘南高校出身のJリーガーには、私の世代では“野人”こと岡野雅行さんがいます。

日本代表が初めてワールドカップ出場を決めた瞬間の映像を観たことがある方、そのゴールを決めたのが岡野さんです。


私はかつて

岡野さんは島根県出身

と思い込んでいたのですが、プロフィールには

神奈川県横浜市

とあります。


スポーツ&ニュース 情報の泉

↑こちらが情報源ですが、立正大湘南の選手は、



1 GK 小笠 姫馬 大阪セントラルFC 大阪府
2 DF 平田 健人 YF NARATESORO 奈良県
3 DF 児玉 知也 神戸Jrユース 兵庫県
4 DF 中村 健人 RIP ACE SC 大阪府
5 DF 山本 弥彦 レスポール浜田 島根県
6 DF 竹中 颯生 伊吹台中 兵庫県
7 MF 矢田部 颯 SSS FC 山口県
8 MF 阪倉 隆斗 FCボランチ大阪 大阪府
9 MF 沼田 大都 廿日市FC 広島県
10FW 中浜 諄 岩田FC 大阪府
11MF 福井 貴啓 開星中 島根県



このように、島根県出身者は少ないのです


米子北高校は、高校名は公立のようですが私立高校です。

こちらも、2009年、2010年にベスト8という成績を残しています。

ただ、米子北高校のメンバーは3年生26人のうち、鳥取出身者が16人います

レギュラーかどうかはわかりませんが。

ちなみに、島根県は30人中5人だけが島根県出身です。


なぜ他県(主に関西)からやってくるのか

については

高校がスカウトをするから、というのはあたり前の理由ですが、それいがい、

選手の気持ち

に着目すると、次のような理由があります。


東京オリンピックの種目候補にもなっている「空手」に関してですが、こんなことがありました。


私は、20代のときに「空手」の「中国大会」(島根、鳥取、山口、岡山、広島)に出場しました。


「中国」にもかかわらず、相手はほとんど関西の強豪大学の選手。

大学生が参加するのはいいのですが、なぜ関西の強豪校?という疑問がありました。


理由は、彼らは関西出身ですが、高校は岡山や広島なのです。その大会(国体に通じる)では、“出身校のある”県で、予選に出場をすることができるのです。


とうじ、空手の高校日本一は岡山県の「山陽高校」でした。話の流れからわかると思いますが、選手たちはほとんど関西出身です。


私は、彼らの一人から話を聞いたことがあります。その方は大阪出身でしたが、

空手で大阪代表になるのは難しいが岡山ならなれる

という理由で山陽高校への入学を決めたそうです。


確かに、岡山山陽高校は岡山では“敵なし”です。しかし、さらに“全国一”にまでなったのです。



なぜ全国でも強いのか?



足成大山
※鳥取県大山高原
出典 写真素材足成


岡山山陽高校空手部、立正大湘南高校サッカー部、米子北高校サッカー部。これらのチームが、全国でも強くなってしまう理由、それは、

県予選を勝ち上がるのが“比較的”楽

という仮説が成り立ちます。


立正大湘南高校を例にみると、今回の島根県予選で戦ったのは5試合。決勝戦の「対大社高校」こそ「3対2」の激戦でしたが、それ以外の試合はすべて「0点」に相手をおさえています。

さらにすべての試合で4点以上とっています。


大阪代表の「履正社高校」となると、予選で10試合戦っています。


その試合数、そして相手の強さの差がどう作用しているのかまではわかりませんが、そこに何か理由がありそうです。


※アイキャッチ画像(タイトル横の写真)は出雲平野の防風林(ぼうふりん)です。家を風から守っています。


img_6945

私も“参加”している本の紹介です。小林正観さんという作家、かつて私がお世話になっていた方ですが、生涯で60冊くらいの本をお書きになりました。たとえばコチラです。

http://www.diamond.co.jp/book/9784478061879.html

すでに故人ですが、私を含め正観さんから学んできた人々が原稿を持ち寄って本が出版されています。出版コードを取得している出版社からの出版ではありませんが、数千部は発行されていると思われます。2017年1月には第三弾が発売予定。

内容は、それぞれの人が正観さんから教わった内容です。私にとっては社長でもあった方で、仕事のことを切り口に生き方などを教わりました。そんな内容が、私で8ページくらい、掲載されています。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大谷翔平初ホームラン!実況は英語でなんと叫ぶ

You tube は私の英語学習に欠かせないツールですが、重要なのは好

大谷翔平メジャーデビュー!実況は英語でなんと叫ぶ?

興奮するのはまだ早急かもしれませんが、オープン戦のことを考えれば、すで

メジャーリーグより 英語で驚くときの表現

「サイヤング賞」という、メジャーリーグベースボールの投手にとってもっと

ホーキング博士の英語。「光より速いものはない」は?

「ホーキングの最新宇宙論」(スティーブン・ホーキング著 日本放送出版協

「ビッグバンセオリー」より。let it goの使い方

let it go 「アナと雪の女王」で一躍有名になったこの英語

→もっと見る

PAGE TOP ↑