*

奈良公園荒池の赤い浮き草の正体は?在来種と外来種問題 米も外来種

公開日: : 科学・テクノロジー

奈良公園にある池が真っ赤に、というニュースがあります。これは、毎日メディアをにぎわしている“猛暑”と関係があります。

〔記事〕<奈良公園>真っ赤な水草大量発生 周辺の池、猛暑影響か YAHOO!ニュース


この赤い水草の正体は、

アイオオアカウキクサ

です。


大量繁殖の理由は、

雨が降らない

ことと

高温続きであること

です。


q-pcf1
出典 情報処理推進機構



アイオオアカウキクサとは?
アイオオアカウキクサは「アゾラ」の一種。この赤い浮き草は、一般的には総称として“アゾラ”と呼ばれることのほうが多いようです。

在来種としては、アカウキクサオオアカウキクサがあります。


「在来種」というのは、“もともといた種”という意味ですが、生物学者の池田清彦さんによると、

すべて外来種(よそから入ってきた種)

だそうです。


つまり、“もともといた”と証明されている種はなく、「在来種」と言われている種も、もともとは「外来種」として入ってきて、それが定着したものです。


話題になっている、アイオオアカウキクサは、これらの「在来種」と「外来種」の「雑種」です。



お米も外来種!?
「外来種」=問題、というイメージがありますが、池田清彦さんが

稲=米も外来種なんだよ

と言っていたことを思い出しました。


検索してみると

私たち人間が原因!?外来種問題って何?!

環境省が作成したこちらのレポートにもそのことは記されています。


アゾラは、田んぼで除草のために利用されるために持ち込まれたという話もあります。



アレロパシーとは?
「アレロパシー」とは日本語で「他感作用」といったりします。これは、

ある植物が他の植物の成長を抑制したり、微生物を引き寄せたり遠ざけたりする

ことを意味しています。


アゾラの「アレロパシー」についても研究がなされており、空中に揮発性物質を放出していることが確認されたり、

レタスやシロツメクサなど特定の種の成長を阻害

イネ科には影響しない(それで田んぼの除草に用いられた)

という結果が報告されています。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

→もっと見る

PAGE TOP ↑