*

「とくダネ」27年前新人葛西も挑戦 水の上を走る僧侶がギネス

公開日: : とくダネ

「水上漂」(中国語の読み方はわかりません)という、“水の上を走る”という競技?があります。それで、「125メートル」というギネス記録を出したのが中国の僧の釈(しゃく)さん。

「水の上を走る」と言っても、板のようなものを浮かべてその上を走っているのです。


〔動画〕新華社》少林武僧「水上漂」118米刷新紀錄 You Tube


 まさに、この映像に映っているのが釈さんです。



新人の葛西アナが挑戦していた


足成川


 この釈さんの記録だけを見てもすごいのかどうかはわかりません。ただ、「とくダネ」で古い映像が流れました。それは、27年前の1987年、新人時代の葛西アナがこの「水上漂」に挑戦をする映像です。

 思い切りダッシュをして水の上に浮かぶ板に乗りますが、2~3メートルで川に落ちます。記録はほとんど0メートルでしょう。

“簡単ではない”ということは最低限言えると思います。



小倉さんも笑う“壁走り”


足成寺
出典 足成


 私は、“何らかの修行によって潜在能力が開花する”という話には肯定的なのです。ただ、信じ込むのは危険、というのはありますね。

 たとえば、釈さんは「一指禅」という、“一本指(左右で2本)で逆立ち腕立てふせ”、を行いました。バランスをとるために他の僧侶がついていた、ということはありましたが、確かにできている感じでした。

 この映像をご覧ください。


〔動画〕逆立ち2本指立て伏せ You Tube

 この方は、親指と人差し指の二本で、逆立ち腕立て伏せを行っています。わかりにくい映像ではありますが、他の動画では、五本指で逆立ち腕立て伏せをやっていますが、そちらは軽々とやっています。

 こういう映像などと比べてみると、冷静に釈さんの“技”を見ることもできるのではないでしょうか。

 最後は、“壁を走る”釈さんの写真が。映像がないのでなんとも言えませんが、小倉さんは大爆笑です。

 日本にも、「千日回峰(せんにちかいほう)」や「護摩焚(ごまだ)き」など、確かに、「人間の潜在能力はすごい」と思わせるような修行はありますね。


 これが、これまでの釈さんの記録です。長い年月をかけたトレーニングの賜物かもしれません。


記録
2009年 19メートル
2012年 45メートル
2014年 118メートル
2015年 125メートル(ギネス記録)






Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑