*

初冠雪とは?岩手山や旭岳で観測。 富士山ではどう判断されるの?

公開日: : 観光・旅行

昨日9月30日、岩手山で初冠雪が観測された、と盛岡気象台が発表しました。



足成雪
出典 写真素材足成


これは「はつかんせつ」と読みます。

雪が降って山や物の上にかぶさること。また,その雪。 「山頂は-している」 「初-」 三省堂大辞林

という意味です。





これを「かんむりゆき」と読むときは、電柱などに積もった雪のことをいいます。

私は雪の多い地方出身です。年々雪の量は減っていますが、電柱に積もるとその形はまるで“キノコ”です。その呼び名は知りませんでしたが、それを冠雪(かんむりゆき)というのですね。

小学生のときは毎年冬になると「つらら」をみたものでした。学校の帰りに長いつららをとって、それを剣に見立てて友達と戦ったり、アイスキャンディのようにしゃぶったり・・・。

かれこれ30年くらいみていないので、せめて画像でも入手しておこう。


足成つらら
出典 写真素材足成




富士山の冠雪


富士山には一年中雪が積もっているというイメージがあります。

「初雪」と「終雪」という言葉がありますが、これは“冬の最初と最後”というのが決まり。ところが、富士山については事情が違うのです。

「初雪」について説明をします。

富士山での観測でポイントになるのが「最高気温日」です。

この「最高気温日」の後に降った最初の雪、それを「初雪」といいます。

何が面白いか?

たとえば、今日10月1日に富士山で“初めての”雪が観測されたとします。では、それが「初雪」かというと、それほど単純ではないのです。

翌日の2日に「最高気温日」が観測されてしまうと、それは「初雪」ではなくなるのです。

2日に「最高気温日」が観測され、3日に雪が降ったとします。そして、

今年はもう最高気温日は更新されないだろう

と結論がなされると、3日は「初雪」となるわけです。

私は、

物事に「初め」と「終わり」があるわけではなく(自然が決めているわけではなく)、“人間”がそのように定義しているだけである

ということをみせつけられる重いです。

ちなみに「ビッグバン」が“宇宙の始まり”であることはすでに否定されています。


足成富士山
出典 写真素材足成




岩手山は活火山


9月30日午前5時に初冠雪が観測された岩手山。平年よりも13日早いです。

岩手県滝沢市にある岩手山は

活火山

です。

目だった火山活動は認められないようですが、

突発的な噴火も予想される

と市のホームページでも注意をよびかけています。




紅葉と冠雪のコラボレーション


岩手山よりも一足先、29日に初冠雪が観測されたのが北海道の「旭岳」です。

ついこのあいだ“紅葉”について記事にしたのですが、もう雪です。

〔関連記事〕「めざましどようび」旭岳の紅葉に長野美郷アナが。佐野アナは食欲!?

この記事で書きましたが、長野アナがロープウェイを使って標高1,600まで上ると、そこには紅葉と雲海が広がっていました。

去年は、紅葉と冠雪のコラボレーションがみられたそうですが、今年も期待できます。














Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

→もっと見る

PAGE TOP ↑