*

北野武の道徳論から北の国からまで

公開日: : 最終更新日:2015/10/14 未分類

「新しい道徳」(北野武 幻冬舎)を読みました。





ちょっと立ち読みをして衝動買いをしたのは久しぶりです。ときどき、

読み終わるのがもったいない

と思えるような本に出会いますが、この本もその類(たぐい)かもしれません。
というわけで、ブログでまとめながら読み進めたいと思います。




はじめに


「はじめに」から引用しておきます。


他人のいったこと、他人の書いたこと、あるいは他人の考えたことを、そのまんま鵜呑みにする性癖のある読者は、ここですぐさまパタンと閉じて棄ててしまっていただきたい


ようするに、この本を読む方は「覚悟してほしい」ということですね。



こういう馬鹿なことをいう奴もいるのだと、笑い飛ばしながら読んでいただけるのなら、著者として、これ以上の幸いはない


肩の力を抜いて、読み始めましょう。




わたしたちの道徳



足成 こども


「新しい道徳論」は、文部科学省の学習指導要領の「道徳」に突っ込みを入れよう、そんな本です。

最初に武さんが取り上げているのが、小学1、2年生向けの教材「わたしたちの道徳」です。

↓これですね
〈PDF〉わたしたちの道徳


出だしの「自分を見つめて」に早速突っ込みを入れています。



小学一年生が、自分を見つめるわけないだろう。他人だって見つめないのに




私の娘も年齢的にはもうすぐ小学一年生の年ですが、確かに娘に対して“自分を見つめる”ことを要求しようとは思いません。

娘と生活をするなかで、私自身が「自分を見つめる」ということは日々やっているのですが。




トイレそうじ



足成トイレ


私は何度か「トイレそうじ」についての記事を書きましたが、その中武さんについて書いたこともありました。

直接本に書いてあるのを読んだのは初めてなので引用をします。



俺は汚いトイレを見ると、掃除をせずにはいられない。飲み屋でトイレに入って、前の人が粗相をしていたりすると、つい掃除をしてしまうのは昔からの癖みたいなものだ。今までいった何遍、見ず知らずの他人が汚したトイレを掃除したことか



どうしてこの話が出てきたのかというと、“道徳の言葉が薄っぺらい”という話からです。
「トイレを綺麗に使いましょう」と書かれた貼り紙くらい薄っぺらい、とこういう話なのです。



「トイレを綺麗に使いましょう」という貼り紙を見て、そりゃあそうだよなあと納得してやっているわけではない




と武さんは言っています。

ちなみに、最近

きれいに使ってくださってありがとう

というトイレの貼り紙を見ることはありませんか?
私の知人で、「嫌味だねえ」という誤解をしていた方がいたのでここで説明をしておきます。
たまたま、私はそれを最初にやった方の話を知っているのです。

それは、とあるコンビニの店長の話です。
そこは繁華街にあるコンビニで、しょっちゅうトイレが“汚されます”(想像がつきますよね)。

トイレはきれいにご利用ください

という貼り紙をしていますがそんなこと関係がありません。

あるときその店長は気が付きました。

汚す人もいるかもしれないが、きれいに使っている人の方がはるかに多いのではないだろうか。自分はその人たちに目を向けたことがあるだろうか?

それで、「汚す人は仕方がない。汚さない人に目を向ける」、ということで「きれいに使ってくださってありがとう」という貼り紙を貼るようになったそうです。

それが広まったのでしょう。




北の国から



足成北海道


「北の国から」というテレビドラマがあります。現在CS見ていますが、こんなシーンがあります。「北の国から」の内容を知らなくても理解はできるように書きます。

ある老人が事故で死にます。その老人は嫌われ者だったため、お通夜の席でも悪口を言われます。
昔からその老人を知る方が

お前ら何もわかっとらん

と、その老人が昔は“仏”と呼ばれていたことを話します。

そして、富良野のその村にガスも電気もなかった時代からそこで暮らし苦労をして村作りをしてきたのです。

ところが、若い人たちはそんなことはお構いなしです。そんな姿にその老人は失望してしまった、このような話です。

私もその“若い人”と同じで、ついついそのことを忘れがちです。「少子高齢化が問題」と繰り返し聞かされているうちに、まるで高齢者が問題のような印象を持っていはしないかと“自分を見つめて”いるところです。

自分の子どもに話すとすればこういうことで、武さんが突っ込むのは次の問題です。

電車で目の前に年寄が立っています。席に座っている子どもは嫌な顔をし、隣の大人は眠ったふりをしています。その状況で、

こういうときは、どうすればいいか、みんなで考えましょう

武さんが指摘しているのは、

最初から答えは決まっているだろう

ということです。



「席を譲らなくてもすむように隣の大人と同じように眠っているふりをする」という答えに先生がマルをくれるはずはない


つまり

子どもが嘘を付くのではないか?

ということを言っているのです。

結構な字数になりましたが、まだ本は20ページのところ。また続きを書きたいです。


画像出典は画像素材足成です。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大谷翔平初ホームラン!実況は英語でなんと叫ぶ

You tube は私の英語学習に欠かせないツールですが、重要なのは好

大谷翔平メジャーデビュー!実況は英語でなんと叫ぶ?

興奮するのはまだ早急かもしれませんが、オープン戦のことを考えれば、すで

メジャーリーグより 英語で驚くときの表現

「サイヤング賞」という、メジャーリーグベースボールの投手にとってもっと

ホーキング博士の英語。「光より速いものはない」は?

「ホーキングの最新宇宙論」(スティーブン・ホーキング著 日本放送出版協

「ビッグバンセオリー」より。let it goの使い方

let it go 「アナと雪の女王」で一躍有名になったこの英語

→もっと見る

PAGE TOP ↑