*

めざましテレビで紹介された新聞紙の恐竜たちは来年フランスパリへ

公開日: : 芸術

“めざますかい”に登場した恐竜たち。



足成フジ


「めざましテレビ」はよく見ているのですが、「めざますかい」という言葉がよくわかりません。
あのスタジオのことをさすのか、それともコーナーのことなのか。

とにかくスタジオに恐竜たちが登場しました。

サウロペルタステゴザウルス、そしてカマラサウルス

とくに恐竜そのものが重要なトピックではないのですが、「サウロペルタ」というのは初めて聞いた名前だったのでちょっと調べてみました。






ガンダムにも登場


「サウロペルタ」という名前は「機動戦士ガンダム」にも登場します。
もちろん恐竜の方が先ですが。

「ジオン公国軍」の車両らしいのですが、現在のガンダムには詳しくないもので。

恐竜の方のサウロペルタの基本情報は、



分類:鎧竜類
食性:植物食
全長:8メートル
重さ:3000キログラム


です。参考はWEB恐竜図鑑です。

名前の意味は“トカゲの盾”です。確かに見た目はトカゲに似ており、その体はまるで鎧に覆われているかのようです。




恐竜に「残業代ゼロ」



足成新聞


「めざますかい」に登場した恐竜たちをみると、体に「残業代ゼロ」などの文字が書いてあります。
この恐竜たちは新聞でできているのです

この“シンブンシキョウリュウ”の製作者は杉崎良子さん。2006年に武蔵野美術大学を卒業しています。
こちらの記事から杉崎さんの恐竜を見ることができます。

〔記事〕新聞で恐竜 造形作家作り続け10年目 東京新聞




パリで個展を開催



足成ルーブル


どうして新聞紙で恐竜を作ろうと思ったのか?

ときかれ、

近くに新聞紙があったから

と答える杉崎さんは来年フランスのパリで個展を開催します。
今さらながらですがこれは“アート”なのです。

芸術の都パリ。

私がベルサイユ宮殿を観光で訪れたのがかれこれ10年前のことです。
そこで新進作家の展覧会が行われていました。

天井から子供がプールで遊ぶような海老の浮き輪が吊るしてあった

のを覚えています。
それも“アート”なのでしょう。




羽毛もすべて新聞で



足成羽毛


これは恐竜の写真ではありません

ただ、このように羽毛で覆われているシノサウロプリテクスのような恐竜も
すべて新聞で作成しています。

羽毛の感じがとてもよくでています。

材料はすべて新聞紙。道具はハサミやノリなど、私の4歳の娘と変わるところがありません。
本当にアイディアと技術のみですね。


ブログで使用した画像の出典は写真素材足成です。


Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大谷翔平初ホームラン!実況は英語でなんと叫ぶ

You tube は私の英語学習に欠かせないツールですが、重要なのは好

大谷翔平メジャーデビュー!実況は英語でなんと叫ぶ?

興奮するのはまだ早急かもしれませんが、オープン戦のことを考えれば、すで

メジャーリーグより 英語で驚くときの表現

「サイヤング賞」という、メジャーリーグベースボールの投手にとってもっと

ホーキング博士の英語。「光より速いものはない」は?

「ホーキングの最新宇宙論」(スティーブン・ホーキング著 日本放送出版協

「ビッグバンセオリー」より。let it goの使い方

let it go 「アナと雪の女王」で一躍有名になったこの英語

→もっと見る

PAGE TOP ↑