*

「恋のから騒ぎ」時代から「あのキャラ」小林麻耶アナ。同じくOBの西川史子とテレビを盛り上げる

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 メディア

「踊る!さんま御殿!!」(毎週火曜夜7時56分から日本テレビで放送)で共演をする小林麻耶元TBSアナウンサー(現在はフリー)と医者の西川史子さん。さんまさんを含めたこの3人で思い出すのが、「恋のから騒ぎ」(以下「から騒ぎ」)です。
「恋のから騒ぎ」は1994年から2010年まで日本テレビで放送されたバラエティ番組です。ちなみに企画をしたのは、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」でよく画面に露出をしていた菅賢治さん(当時はプロデューサー)です。

 ホストの明石家さんまさんが素人の女性から恋の話を引き出す番組で、私も学生時代はよく見ていました。後に話を聞くと、女性達の「競争」はとても激しかったようで、とにかく「個性的」な話をしないと編集でカットされ、そのまま消えてしまうこともあったそうです。特に、この番組から現実にシンデレラストーリーを歩む女性もいたので、その競争は年々激しさを増したようです。それにより「素人」のよさがなくなってしまったのが番組終了の理由かもしれませんが。

 そのシンデレラストーリーを歩んだ女性で有名なのが「小林姉妹」です。先に番組に出演をしたのが姉の小林麻耶さんです。キャラクターは現在テレビで見るままで、さんまさんの突っ込みにあの甲高い声で反論をする姿が人気でした。かわいらしいルックスとテレビ映えするキャラクターでその後も、ほとんどタレント活動をしています。
 さらなるシンデレラストーリーを歩んだのが、妹の小林真央さん。お姉さんと同じく「から騒ぎ」卒業後はアナウンサーになりましたが、その後、市川海老蔵さんと結婚をしました。「事件」などもありましたが、海老蔵さんを支える姿は、今思えば「から騒ぎ」のときの「控え目な」キャラクターと一致します。番組で「自分から出る」ということはなく、それを毎回さんまさんから突っ込まれていて(「お姉ちゃんのおかげでテレビに出れとるんやで」など・・・)、それが逆に人気の理由となりました。
 
 同じく卒業後、タレントとして活動をすることになったのが西川史子さんです。西川さんは「から騒ぎ」の3期生、古株です。私も観ていたはずですが、記憶はうすく、「いたような」という程度です。

 この3人(さんまさん、小林さん、西川さん)が番組でそろえば、私などは「から騒ぎ」の記憶から「観てみようかな」と思ってしまいます(それが狙いなのでしょうか)。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑