*

日本人にはカタカナに読めるフォント、エレクトロハーモニクスが話題

公開日: : 最終更新日:2017/07/25 科学・テクノロジー

日本人にだけ読めない「フォント」。



足成アルファベット


「フォント」というのは「文字体」のことで、定番は、



font free


明朝体





font free角ゴシック


角ゴシック


です。これらはその名称は知らなくても、必ずどこかで目にしているはずです。


しかし、最近ではこのような


font free ピグモ1


ビグモ1


というようなオリジナルでユニークなフォントがたくさん存在します。

フォントは今や、それを開発する方の数だけ存在します。
興味がある方は記事の最後に出典を掲載しています。

見ているだけで楽しくなってきますよ。








これは何と読む?



electroharmonix


さて、問題になっているフォントはこちらです。


私がこのニュースについて知ったのは「とくダネ!」ですが、
街頭でアメリカ人にこのフォントで

HELLO

と書いた文字を見せたら普通に読むことができました。


そう、これはアルファベット、つまり

ABCDEFG・・・

のフォントなのです。


カタカナに見えませんか?


ちなみに、画像の一行目は、

ELECTROHARMONIX

と書いてあります。これは、「エレクトロハーモニクス」といって、このフォントの名称です。


「とくダネ!」の菊川怜さんは、このフォントで書いた「HELLO」の文字を読むことができていました。

“ゲシュタルト能力”が高いのかな?さすがです。
「ゲシュタルト能力」については後で説明します。





開発したのは日本在中のカナダ人


このフォントは(ほとんどのフォントがそうですが)無料でダウンロードをすることができます。
そのサイトへのリンクを記事の最後にはっています。


そのサイトに作成者のコメントが書いてありますが、
このフォントを開発したのは13年前です。

いつから数えて13年前なのかはわかりませんが。

そのときはカナダに在住しており、とうじ、

日本に来るとは思っていなかった

そうです。

もちろん日本語を読むことも書くこともできなかった。


足成すし


日本に来て日本語を読んだとき、

自分が日本語を“めちゃくちゃにしていた”

ということに気が付いたそうです。




私の訳が正しいかどうか、という問題もありますが、
事情はこのようなものだと思います。


彼は、まったく日本語を知らない状態でこのフォントを開発した。
日本に来て日本語を知ったら、自分のフォントと日本語が“似ている”ことに気が付いた。

そして、それは日本語の“美しさ”を損なうものだった。


それで彼は日本語を勉強し、フォントに改良を加えて、

アメリカ人にはアルファベットに

日本人にはカタカナに

読めるこの「Eletroharmonix」が誕生した、
ということではないでしょうか。


そう考えると、

ハーモニー=協調

という名前の意味が見えてきます。それは、


日本語=カタカナとアルファベットの協調


ということではないでしょうか。





ゲシュタルトとは?



足成崩壊


私の知っている10代の子が

ゲシュタルト崩壊

という言葉を使っていたことがありました。
なでも漫画に出てきたそうです。


「ゲシュタルト崩壊」については、ここで説明するのは省かせていただいて、
こちらへリンクをはっておきます。


ゲシュタルト崩壊しそうな画像たくさんください! Naverまとめ


こちらの文字 ↓ 。





何を思い浮かべますか?


忍者?忍耐?


「田中忍」と書いてあれば「忍(しのぶ)」という名前かもしれません。



私たちはある情報をそれだけで認識しているのではなく周囲の情報を
含めた“全体像”で認識しています。


そして、情報があまりないときは、私たちはそれを

自分が慣れ親しんだ

情報に結びつけて解釈するのです。


「Electroharmonix」は、私たち日本人が「カタカナ」に慣れ親しんで
いるためにそのように読めてしまうのです。

ところがそれでは何らの意味もなさないので困乱してしまうのです。

まだ「カタカナ」に慣れ親しんでいない私の娘ならば、
ひょっとしたらアルファベットに見えるかもしれません。


そして、ゲシュタルトが厄介なのは、一度そう見えてしまうと
他のものには見えなくなってしまうことです。

「とくダネ!」の菊川怜さんにはアルファベットであることがわかった
ということは、

カタカナにも見えたが、それ以外の見え方もできた

ということです。



画像の出典は、「フォント」の画像はFont Free、「Electroharmonix」はElectroharmonix、それ以外は写真素材足成です。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大谷翔平初ホームラン!実況は英語でなんと叫ぶ

You tube は私の英語学習に欠かせないツールですが、重要なのは好

大谷翔平メジャーデビュー!実況は英語でなんと叫ぶ?

興奮するのはまだ早急かもしれませんが、オープン戦のことを考えれば、すで

メジャーリーグより 英語で驚くときの表現

「サイヤング賞」という、メジャーリーグベースボールの投手にとってもっと

ホーキング博士の英語。「光より速いものはない」は?

「ホーキングの最新宇宙論」(スティーブン・ホーキング著 日本放送出版協

「ビッグバンセオリー」より。let it goの使い方

let it go 「アナと雪の女王」で一躍有名になったこの英語

→もっと見る

PAGE TOP ↑