*

無痛の秘書役宮本真希と伊藤英明の関係は後半盛り上がるのか

公開日: : メディア

ドラマ「無痛」も第4回目の放送が終了しました。


“見ただけで症状がわかる”という能力をもつ二人の医師(西島英俊さんと伊藤英明さん)。“痛みを感じない”青年イバラ(中村蒼さん)。猟奇的殺人事件の犯人と目される強迫性障害のサトミ(浜辺美波さん)。

その他、「刑法39条」の問題や「犯因症」(実在するのかどうかは調べきれていません)についても、視聴者の認識がかなりできてきたところではないでしょうか。

その中で“気になる”存在が、伊藤英明さん演じる白神病院院長の白神陽次の秘書の女性です。

登場するたびに何か思わせぶりな発言や表情を見せます。
そして、それが白神院長への“思い”によるものであるのは明らかです。


Sponsored Link




元宝塚女優


ストーリーの中でまだ名前は出てきていないと思うのですが、秘書の名前は横井清美。演じているのは宮本真希さんです。

Wikipediaによると、



生年月日:1977年12月12日

出身地:愛媛県八幡浜市

血液型:A型

身長:162cm




です。

私と同世代か。


1996年から2年ほど「宝塚歌劇団」に所属しています。その後は、テレビドラマなどに多数出演されています。

刑事もの、時代劇が多いですね。


CMにも出演されています。

[動画]エーザイ サクロン 野村宏伸 宮本真希(1998年)


覚えています。この方だったのか。1998年ならば20歳くらいでしょうか。




伊藤英明との関係はどのようになるのか?



それで、この宮本真希さんが演じる秘書の横井清美は、まだ際立ったシーンはないものの、ちょこちょこ“思わせぶりな”発言や表情を見せるのです。

伊藤英明さん演じる白神院長のやることにいちいち不満を持ち、それを本人にぶつけています。
そして、それは白神院長のことが

好きだから

です(のように思えるのです)。
白神院長はまったく意に介していません。

この白神院長は、二人の“天才”のうちのひとりですが、どうも彼に欠けているのが、

思いやり

なのです。


まずい仕事ぶりを見せた部下をあっさりクビにする

そんなシーンもありましたが、やることがすべて合理的で、論理的であるならば自分の行為に

痛みを感じない

のです。


この「無痛」というテーマに、白神院長自身も絡んでくるような気がします。

横井清美の



と、何も感じない白神院長。

ドラマの後半戦でそのような展開もあるような気がしますが、何もないかもしれません。


このドラマの原作者である久坂部羊(くさかべよう)さんの小説「まず石を投げよ」を読みました。

途中までかなり“思わせぶり”な展開でしたが、最後はいい感じに“ふわっと”なりました。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

→もっと見る

PAGE TOP ↑