*

「とくダネ」で紹介された、ドコモの動画「3秒クッキング 爆速ギョーザ」編。再生回数1000万回を突破した前作に続くか。

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 メディア

 ドコモ「3秒クッキング」は、NTTドコモのプロモーション動画です。最新作「爆速ギョーザ」編が「とくダネ」で取り上げられました。前作「エビフライ」編は1000万回以上の再生回数を記録しました。それに続くことは間違いがありません。
 現在、「フルLTE」で「速い、つながりやすい」を宣伝しているNTTドコモ。この「3秒クッキング」はその「速さとつながり」を表現しようとしているようですが、CMのインパクトがあまりにも強く人気を博してしまったため、「フルLTE」のPR効果が逆にうすいのでは。とはいえ、ドコモのホームページそのものは検索されているわけですから(私もこのニュースで検索しました。ちなみに私はドコモです)、「思わぬ」大成功と言えるでしょう。

動画はこちら

 私は、これを観て「ピタゴラスイッチ」※を想起しましたが、インパクトはまったく別物です。

※「ピタゴラスイッチ」は、Eテレ(教育)で土曜日の午前7:45から8:00まで放送されている番組です。子どもと一緒に私も観ていますが、世の中の「仕組み」みたいなもの、「こうなってこうなってこうなる」を扱っており大変面白いです。「ピタゴラスイッチミニ」は月曜日から金曜日午前7:30から5分だけ放送しています。ちなみに、「仕組み」を学ぶことは脳の抽象度を上げるので学力アップにつながるそうです。いつか書けたら書きたいです

 ドコモの「3秒クッキング」も、「こうなってこうなって・・・ギョーザができる」と「仕組み」をわずか3秒で学べるのですから、教育的な効果もあるといえばあります。

 この「ギョーザ編」のポイントは、最後のキャッチャーです。キャッチャーミット型のフライパンですさまじいスピードで飛んでくるギョーザをキャッチします。「とくダネ」の野球経験者のスタッフがチャレンジしましたが、キャッチできるまでに数十回かかりました。飛んでくるギョーザは、ミットでキャッチされるまでは開いたままなので空気抵抗を受けやすく、どのように変化をするのか予測ができません。ですから取りにくいのでしょう。実際の野球の「ナックルボール」のような感じでしょうか。

 ところで、ネットビジネスで成功している面々のメルマガを読んでいて、ある方が、2015年の予測として「動画」をあげていました。確かに30分から数時間の番組を作成することは大変でしょうが、数秒から数十秒の動画ならば誰でも発信できますね。この「3秒クッキング」は素人に作れるような代物ではありませんが。


 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

フランス語で「ボザー」とは?バザー?

私は25歳のときに1年間フランスに行きました。大学のときは フランス

企画を通すコツ!には一人でも味方をつけること

アイディアがあるのに通らない そんな悩みを持っている方いませんか

→もっと見る

PAGE TOP ↑