*

5色の川に歩く魚!?とくダネの小倉さんが17年ぶりにどうなってるの!

公開日: : とくダネ

11月17日の「とくダネ!」



足成カメラ


朝から二つのなぜ?

のニュースが。


ひとつ目は

コロンビアの五色の川


そしてもうひとつは

歩く魚

です。






キャノ・クリスタレ川


その川はコロンビアにある

キャノ・クリスタレ川です。


上空から映した映像を観ると、確かに

赤 黄 緑 青 黒

に染まっているのがわかります。


〔動画〕The most beautiful river on earth – Crystal Spout (Caño Cristales) You Tube


“世界でもっとも美しい川”と題されるこちらの動画をみつけましたが、おそらく「とくダネ!」で流されたものと同じものです。


別名は“レインボーリバー”です。




なぜ5色に?



足成虹


正体は

苔(こけ)や藻(も)

なのです。


毎年9月から11月にこの現象がみられるというのがポイントで、コロンビアではこの時期にもっとも水温が上昇し、苔や藻が繁殖するのです。


小倉さんは

ドローンがいい仕事するだろうな


とコメントしました。




歩く魚!?



足成中国


続いては中国の動画です。川にやってきた一人の女性。その女性が川辺にエサをまくと、川から大量の“魚”がやってきて陸に上がりエサを食べているのです。

その動画は見つかりませんでしたが、かわりにベトナムの“歩く魚”の動画がありました。


〔動画〕陸を歩く魚 You Tube


確かに歩いています。


「とくダネ!」がその動画を専門家に見せたところ、

ヒレナマズ科

の魚ではないかと“仮説”をたてました。

ヒレナマズ科は空気呼吸ができるため陸に上がって数時間歩くことも可能だそうです。


足成ナマズ


その中国の動画では女性がエサをまいていたわけですから、本当にそれがヒレナマズ科の魚だとすると

養殖

をしているわけです。ということは“食べる”ということですよね。


中国や東南アジアでナマズを食べるのは別に珍しいことではなく、日本でも

ウナギの代用

になるのではないかと大学で研究がなされたりしています。


そして、調べてみると、このヒレナマズ科

ウォーキング・キャット・フィッシュ

とも呼ばれ、まさに

歩くナマズ

ですが、脂も味もよく、注目をしている方もいるのです。


実際に東南アジアでは、日本でいう“蒲焼”にして食べているようです。

日本の食卓に上がる日もくるかもしれません。


画像の出典は写真素材足成です。




 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

フランス語で「ボザー」とは?バザー?

私は25歳のときに1年間フランスに行きました。大学のときは フランス

企画を通すコツ!には一人でも味方をつけること

アイディアがあるのに通らない そんな悩みを持っている方いませんか

→もっと見る

PAGE TOP ↑