*

箱に閉じ込められる竹内結子は実は!奇妙な物語をこわくないよう解説

公開日: : メディア

11月28日放送の「世にも奇妙な物語25周年!秋の2週連続SP~映画監督」


番組予告で泣き叫ぶ竹内結子さんの姿が印象的だった「箱」。実はとても悲しい物語でした。こわい話ではありません。

箱に閉じ込められている竹内さん(役名は忘れました)ですが、それは“夢”なのです。病気で昏睡状態にある竹内さんが見ている夢なのです。

生死の境目にいる主人公の姿を、箱に閉じ込められる、という状況でもって表現しています。名作です。



Sponsored Link




移動する箱


この夢の中の箱の中で起きる現象のひとつが、現実の現象の“比喩”のように対応をしています。

どこにあるのか、何で閉じ込められているのか、何もわからない状況におかれた竹内さん。唯一の頼みは目の前にあるスマートフォン。そのスマートフォンで110番をし、警察とやりとりをしながら物語は展開します。

とつぜん動き出す箱。

それは、現実には、病院で運ばれていたのです。



パイプオルガン


足成オルガン

箱の外から聞こえるパイプオルガンの音。教会にいるのか、と竹内さんはそれを警察に伝えます。スマホのGPS機能で竹内さんを探しているという警察官が教会を見つけたのですが、そこにパイプオルガンはありません。

この物語には別の問題提起があり、それは「絶望」と「期待」はコインの表と裏のようなもの、ということです。「助かる」と期待をさせておいてその期待を裏切る。そのようにして、視聴者はいちいち絶望させられるのです。



箱が開いた


足成心理学

スマホから聞こえる恋人の声は、病室で昏睡状態の竹内さんの名前を呼ぶ実際の恋人です。やがてスマホのバッテリーはゼロになり、ここでも竹内さんは「絶望」に陥ることになります。

これも夢、つまり夢の中の夢だったのですが、箱がとつぜん開きます。そこは大学の研究室。そもそも竹内さんは研究員で、とつぜん後ろから頭を殴られ箱に入れられたという設定ですが、本当は脳出血(だったかな?)で倒れたのです

倒れる直前に「後ろから殴られた」と記憶した竹内さんの脳は、意識を失ってからもそのような情報処理をしてしまっているのでしょう。

箱に入ったのは実は竹内さん自身が志願したことでそれは心理学の実験のため、と期待させておきながら実はそれは夢(夢の中の夢)でした。

結局、再び絶望の中に陥ります。

このストーリーはこわくはないものの、悲しい結末のまま終わります。



Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑