*

書家宇都鬼(ウッキー)芸人おさる 夫が飛躍する妻の称賛

公開日: : 芸能

称賛すれば称賛するほど夫はのびる


そういう“夫婦論”があります。これは夫に限らず「男の子」や「男性」全般に当てはまります。

どうして「男」なのか、どうして「女」ではないのか、についてはわかりません。とにかく私が学んだのは

男は称賛すればのびる

ということです。


Sponsored Link




「芸能人ワケあり夫婦」でバッシング


あまりテレビでみなくなった芸人の「おさる」さん。数年前、久しぶりにみたと思ったら「芸能人ワケあり夫婦」という番組で、“ダメな夫”“ダメな父親”として集中攻撃をされていました。

「書で食っていく」と、家族をほったらかして夢を語る甲斐性のない夫としてその姿が描かれ、みていてこちらがつらくなるほど。

一緒に出演をしていた妻の山川恵理佳さんはそんな夫に失望し号泣。

「夫は称賛されるとのびるのになあ・・・」なんて、すっかり私もその気になって番組をみていました。


ところが


これは夫を売り出すための山川恵理佳さんの作戦だった、そんな見方があります。そうならばむしろ私はホッとした(何の関係もないのですが)のです。

それが本当ならば山川さんへの見方が変わります。

そして、今日読んだこの記事

[記事]おさる 書家・宇都鬼として活動始め「やっと芸人になれた」 YAHOO!ニュース

この記事には、おさるさんは7年前から師匠について本格的に書道を始め、2011年には「東京書作展」で最優秀賞に選ばれたことが書いてあります。

そして、妻の山川恵理佳さんにも「すごいね」と褒められた、そう記されています。

「芸能人ワケあり夫婦」の放送が2013年のこと。つまり、そのときにはすでに賞をとるくらいの書道家だったわけです。

ところが番組ではそういうことにも一切ふれず、「妻、子どもをほったらかしにして趣味の書道にはしる夫」のように描かれていたわけです。

この記事で書きたかったのは番組批判ではなく、「夫は妻の称賛によって飛躍する」ということです。

山川さんは称賛する妻であり、おさるさんは称賛によって飛躍する夫、今のところそのように結論をしておきます。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ネタバレ!記憶第一話 小林隆さんといえば・・・

主人公は、中井貴一さん演じる本庄英久。職業は弁護士です。“優秀な”とい

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

→もっと見る

PAGE TOP ↑