*

58歳の女ストーカーはなぜ傷ついたのか?私の経験談から考える

公開日: : 社会

58歳の女性が29歳の男性にストーカー


足成ストーカー

事件の内容はこのようなものです。ある58歳の女性が29歳の男性に恋をしました。ところが“フラれ”てしまった。そこからその58歳の女性は相手の男性に攻撃的なメールを送ったりと、その行為が「ストーカー」にあたるとして逮捕されたのです。

このブログで取り上げるのは事件そのものではなく、そのような“付きまとい”行為をせざるを得なくなってしまった人たちの心とでもいいましょうか、そのようなものなのです。

恋愛ではありませんが、私も似たような経験をしたことがある(された側です)ので、しばらく考えたことがあるのです。

そこには「恋」や「愛」や「善意」では捉えきれない事情があるように思います。


Sponsored Link


上下関係


私が経験したのはこんな出来事です。仕事で知り合ったある女性。そうとう年上の方なのですが、個人的に電話をくれるようになりました。

内容は生活や仕事でのアドバイスですが、最初は「なるほど」と思い、むしろありがたく聞いていたのです。

ところが、電話のかかってくる頻度がとにかくすごいのです。

そして、「違うなあ」という内容も多いのですが反論をするとそこからさらに電話の時間が延長されてしまいます。何より疑問だったのが、そこそこ人を見る目はあるはずなのに、こちらが迷惑していることにはまったく気が付かないのです。

その方は「あなたのことが心配」「あなたの人生に私は責任がある」などと言っていましたので、彼女にとってはそれは「善意」の行為だったのです。ですから、こちらの迷惑に気が付くはずはありません。

おそらくその58歳の女性にとっても自分の行動は「好意」だったのでしょう。

これは「スキーム」といって、「自分がどのように捉えているか」の問題ですので、それが正しいか正しくないの問題ではありません。

本人がそれを「好意」と捉えていれば攻撃的なメールも「好意」として捉えられてしまいますし、「相手のため」と捉えていれば本人にとっては何をしようが「相手のため」になってしまうのです。

これがなかなかその関係から逃れられない理由です。

足成野球

そして、このような行為がエスカレートするところには「上下関係」の意識が存在しているように思います。私が思い出すのは中学のときの野球部の日々。

学年によって先輩と後輩ははっきりとわかれます。先輩は「後輩は言うことを聞いて当たり前」と思っていますから、言うことを聞かない(言うとおりにしない)と怒ります。

もし、この58歳の女性に「自分の方が年上なんだし人生経験もある」というような“上である”という意識があれば、自分のことを拒絶した相手の男性を許せなくなってしまったことも理解できます。

現在私は「脱上下関係」を実践しています。「礼儀はどうなる」という問いもありますが、「上下関係」がなくても礼儀はあるのです。学校や体育会のクラブ、警察社会で身に付けた「上下関係」という「習性」、それをあらためてチェックし、捉え直している最中です。

 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑