*

東京新聞記事「新貧乏物語」 奨学金の問題は高い学費!?

公開日: : 未分類

2016年1月3日の「東京新聞」


「学ぶ代償借金1000万円」という題で掲載された記事には、大学進学のために多額の借金を背負うことになった若者の姿が写し出されていました。

新聞記事では触れられていませんでしたが、やはり「日本の学費は高すぎる」ということが私の頭をよぎりました。

フランスに留学をしたことがある私は、フランスの大学の学費が年10万円くらいであることを知っています。月に数千円ですから小学生のときに通っていたそろばん塾と同じくらいです。

私が行っていたクラスには10ヶ国以上から学生が集まっていました。私が日本の学費(国立)をある授業で教えたら悲鳴があがりました。



義務教育とは?


「義務教育」と聞くと、おそらく多くの方が「学校に行かなければならない」とイメージしてしまうと思います。

それで、日本では小学校と中学校は「義務」だから行かなければならない、という発想になると思います。

ところがこの「義務」というのは「国の義務」のことなのです。つまり、「学校に行きたい子供には行けるように支援をしなければならない」、そういうことなのです。

だから高校や大学は「義務」ではないのです。この新聞記事にあるように国が支援していない(できない)からです。

つまり、「義務教育ではないから国が支援する義務はない」、乱暴な言い方をすればそういうことになるのです。

とはいえ「教育を受ける権利」はあるわけですから、「教育を受けながら、どうして大きな借金を背負わなきゃいけないんでしょうか」というこの若者の主張は間違っていないと私は思いますが。



日本の学費は高過ぎる


いい機会ですので、各国の「大学の学費」にまつわるニュースを拾ってみました。

[記事]ドイツの大学授業料、留学生も無料 卒業生の4割が5年納税でペイ 少子化対策になる? NewSphere 2015.6.21

フランスのお隣ドイツでは、大学授業料はなんと無料です。もちろん事務費などはかかりますが、それでも年1万円程度。

しばらくネットサーフィンをした印象として、大学授業料が安いのはフランス、ドイツ、メキシコ、シンガポール、スペイン、スウェーデンなど。

一方で高いのは、アメリカ、イギリス、日本、ロシア、中国です。

イギリスはかつては無料でしたが、国の財政難のために授業料を徴収するようになりました。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

→もっと見る

PAGE TOP ↑