*

115年ぶりに奄美大島に大雪 本当に温暖化?とくダネ天達はそれでも暖冬

公開日: : 科学・テクノロジー

寒いですね


足成雪

先日の関東の雪では、仕事も休みだし家でおとなしくしていたいところでしたが、義理母の家に一人で宿泊していた子どもを迎えに行かなければならなかったので、私も娘も大変な思いをし、体が鍛えられました。

115年ぶりに奄美大島に雪

そんなニュースが流れる中、「地球温暖化って本当?」と疑問に思う方もたくさんいるでしょうし、その関係者には緊張感がはしるのでしょう。

もしそれが“嘘”ならば、二酸化炭素削減のために使っている多額の税金や私たちの労力が

なんのため?

ということになります。

「とくダネ」の天気予報をみていて、菊川怜さんが

暖冬は・・・

と言ってしまい、スタジオに緊張感がはしったように私にはみえました(後からお叱りを受けるのでしょうか)。

それをフォローするかのように、気象予報士の天達さんが、鹿児島で今月の29日と30日に気温が20℃以上になる予想であることに触れ

トータルでみたら暖冬かもしれません

と述べ、小倉さんが

暖冬の方が雪が降りやすいって天達言ってたもんね

とさらに「地球温暖化」を擁護するような、そんな発言をされていました。



地球温暖化をめぐるウソをいまだに信じ続ける人々


足成宇宙

これは「この世はウソでできている」(池田清彦著 新潮社)の中の、タイトルのひとつです。

「ホンマでっかTV」でお馴染みの池田清彦先生です。そういえば、世界がアール・ゴアの「不都合な真実」でわいていたときに、すでに「地球温暖化」に疑問をていしていた一人が池田先生です。

著書の中で、

地球温暖化をめぐる言説も、もはやデタラメであったことが明らかになっているのに、温暖化防止という名目のために多くのツケを払わされてしまっている


と、「もはやデタラメであることが明らか」と言い切っています。

このブログの主旨はあくまで「学ぶって面白い」ですから、科学者でもない私がもちろん真偽を判断しようなどというつもりはありません。

私としては、池田先生のいうこんな世の中の仕組み

金科玉条のように使われる科学的言説

政治的なムーブメントや金儲けの構造

正しいか間違いかはどうでもよくなる元の科学的言説


は頭に入れておきます。


Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

→もっと見る

PAGE TOP ↑