*

ありえへん世界」柚子こしょうは〇○だった!出雲でタバコを吸うとは?

公開日: : メディア

2016年4月13日

毎週火曜日放送の「ありえへん∞世界」(TVTOKYO)から、柚子こしょうの事実を突
き付けられてしまいました。方言による勘違いってありますよね。それらを記事にしまし
た。


Sponsored Link


「こしょう」は唐辛子

a0007_000386

「柚子こしょう」をご存じでしょうか?調味料の一種で、みそ汁やおでん、その他、
和食になら何にでも合います。食べる前に、本の少し入れるだけで、味に広がりが出ます。

これまで、その名前から、「柚子」と「こしょう」を混ぜたものだと思っていました。ところが、これは「柚子」と「唐辛子」を混ぜたものだったのです。

なぜ「こしょう」なのに「唐辛子」なのか?

それは、柚子こしょうの発祥の地である九州のある地方では、「唐辛子」のことを「こしょう」という、そういう理由なのです。

ちなみに作り方は、ゆずの皮の塩漬けと、青唐辛子の塩漬けを混ぜる、それだけです。それだけで、あの何とも言えない風味が生み出されるとは。



だし、タバコを吸う

「だし」という言葉は、私が関西に住んでいた頃によく聞きました。関西では、うどんやそばの「つゆ」のことを「だし」というのです。ですから、関西人の友達と一緒にご飯を食べると、「だしが薄い」「だしが上手い」という言葉が飛び交うのです。

それから10年以上たって、こんな出来事がありました。知人と一緒に料理をしている時、吸い物を作っていて、「だしはとりましたので」と相手が言うので、私は何気なく

つゆが完成

だと思ったのです。ところが、いざ食べると、味がない。そう、相手の「だしをとる」とは、一般的な「だしをとる」なのです。

私の出身地である出雲では、普通に小学生が

タバコを吸う

という言葉を使います。これは「休憩をする」という意味なのです。「また休憩しているの?」は「またタバコ吸っちょうかね?」と言ったりします。

当たり前のように使っていたときはわかりませんが、改めて考えると方言っておもしろいですね。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

→もっと見る

PAGE TOP ↑