*

CSテレビでおそ松さんを見た!あのアニメのモチーフ ざわざわ

公開日: : メディア

おそ松さん

「kids station」というCSチャンネルでやっていた「おそ松さん」。「おそ松くん」が成長して社会人になった姿を描いたこのアニメ。他のアニメのモチーフを利用するというやり方、そのすぐ後の「銀魂」では常套手段ですが、それを用いていて見入ってしまいました。

a0002_005361

特に仕事をしていないおそ松さんたちい6人は、イヤミの紹介である工場にやってきます。その名も「ブラック工場」。そこの工場主がおそ松さんたちに説教をするシーンで私はピンときました。

これはカイジだ

カイジを知らない方はすいません。それを確信したのは

ざわ ざわ ざわ

というカイジではおなじみの“音”が描かれたからです。

Sponsored Link



丸一日この工場で働いたおそ松さんたちは、「騙されている」と勘づき、工場から脱出します。それでもうオチなのですが、「少しずつでいい」ということを悟った6人は、ラーメン屋でアルバイトをします。店の人にバレないように交代しながら。ようすうるに、週40時間労働だとすると、ひとり6時間から7時間ということ。「少しずつ」ということですね。



働く=喜ばれる

私は、福祉の仕事でいわゆる“働かない人”と関わっています。働ける人には働いてもらう、これが国の要請なわけで、それに対して税金を投入している、というわけです。

私は、以前から「働く」という言葉のもともとの意味を学んでいました。そこには「お金を稼ぐ」という意味はありません。「働く」とは「はたを楽にする」、言い換えると、「喜ばれる」ということです。

それを思い出した私は、ある二人の男性と関わっているときに、頼みごとをしよう、と思い立ちました。特に、そのうちのひとりはパソコンがとても得意だったので、質問をしたり、You Tubeの音声をアイポッドに録音してもらったり、と私のために“働いて”もらいました。

そのうちのひとりは、その後、就職しました。もうひとり(パソコンが得意なほう)は、就職をしても継続をすることが困難です。ただ、それでいいと思っています。国の方針としては、稼いで税金を納めなければ働いたことにならないかもしれませんが、彼は得意なパソコンやゲームで周囲に喜ばれているのですから。



Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

→もっと見る

PAGE TOP ↑