*

出雲高校野球部が強い理由はやはりピッチャー⁉

公開日: : スポーツ

出雲高校野球部

夏の甲子園、島根県代表チームです。公立高校で、しかも進学校です。東京や大阪と比べるとレベルは高くない島根県ですが、近年では開星高校や出雲高校が決勝で勝利した立正大湘南高校など甲子園でも勝つことのできるチームが育っています。県外から生徒を集めてですが・・・。

Sponsored Link


私にとっては地元でもあり、さらに出雲高校の校長は私の高3の時の担任でもある、そんな縁があります。私なりにその強さの理由を考えひとつの結論を得ました。


それは、ピッチャーです。3年生の原暁さん、島根県大会決勝で立正大湘南打線を1点に抑えました。そのピッチングの動画はこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=2zfwdO1jMMo

やはり、球速や球威は強豪校のピッチャーにくらべると劣ります。そんなピッチャーが打たれないとすれば、それは「タイミングがとりづらい」という理由です。

私は原さんの投球フォームが気にかかります。バッターから見ると、腕は体の後ろに隠れています。そこから突然、球が来る感じでしょうか。しかも、速球に慣れている強豪校のバッターにとってはそこから比較的遅い球が来る。

この結論は私の直観にのみ根ざしていますので、そういう情報としての扱いをお願いします。

中学生の時に私は野球部に所属していました。私自身は日の目を見ることはありませんでしたが、野球部自体は市で優勝するほどの強豪校でした。

私たち3年生にとっての最後の大会。1回戦の相手はH中学校という市で最も弱い中学。練習試合も含め負けたことがありません。結果は負けでした。

理由は明らかでした。相手のピッチャーがアンダースローだったのです。メンバーたちは相手のボールにまったくタイミングが合わず、すっかり沈黙させられてしまったのです。

ポイントは、そのピッチャーは私たちにとっていきなり登場した初めての相手だったこと。さらに、少年野球時代からの練習も含め、アンダースローを相手にしたことのある人は誰もいなかったことです。

そう、その場でみんなが、生まれて初めてアンダースローを体験したのです。すると、見事なまでに打てないものなんですね。球に慣れてしまえば、かなり緩い球なのでガンガン打てたことでしょう。ただ、学生時代のスポーツの大会は一発勝負。

さて、組み合わせが決まりました。1回戦の相手は春の選抜優勝校の智辯学園。楽しみです。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑