*

八ヶ岳(やつがたけ)人気リゾートホテル「リゾナーレ八ヶ岳」。「個性的」で有名な「星のリゾート」

公開日: : 観光・旅行

 八ヶ岳は、長野県と山梨県にまたがる山々の総称ですが、その範囲には様々な定義があります。「八」だから、8つの山からなると思われがちですが、「八百万」(やおよろず)や「八百屋」(やおや)のように「たくさん」という意味で「八」という数字が使われているという説もあります。

 八ヶ岳には、「星野リゾート」が経営する「リゾナーレ八ヶ岳」があります。「星のリゾート」の社長がテレビに出演されていたのを観たことがありますが、「非日常」という言葉を使っていたことが印象的でした。その言葉どおり、この「リゾナーレ八ヶ岳」もまさに「非日常」の世界です。

 と言っても私は行ったことがありません。ですので、実際に宿泊をした方々の感想をみてみたいと思います。
「『ブックカフェ』が気にいった」、というある方は、「一人だったら軽く3時間はいれそう・・・」とつぶやき。子どもと一緒に来ていたのでしょうか。その方が撮った写真を見ると、ホテルというよりそこは一つの「町」。石畳のあるヨーロッパの風景が広がっています。
「赤ちゃん連れに優しいホテル」と評価するあるママ。私も小さい娘がいますので、注目ポイントです。コンビ株式会社(赤ちゃん用品の会社です)とのコラボで、「非日常」の空間に「子育てのできる」空間をマッチさせています。

「星のリゾート」の情報で私が気になったのが、「喫煙をする従業員は雇わない、もしくは『禁煙』を約束させてから雇う」ところ。なぜかというと、私が以前勤めていた会社の社長(以下Sさん)も同じ方針だったからです。理由は、「喜ばれない」から。Sさんの考えが、「人はいかに喜ばれるか」でしたので、喫煙はそれと食い違うということで認められませんでした。「煙草を吸ったらクビです」と言われていましたから本気だったのでしょう。Sさんは「煙草を吸う人とは友人にはならない」と決めていましたから、その会社で働いていたときは周囲で煙草を吸う人は誰もいませんでした。そのように豪語していても友人は多く、Sさんの葬式には全国から1000人近い友人がやって来ました。
「星のリゾート」が喫煙を認めない理由は「仕事の効率」の問題らしいのですが。

 Sさんはもともと旅行家で、日本の山はほとんど登ったとおっしゃっていました。そして、遭難しかけたことがあるのがこの八ヶ岳。霧に覆われて前も後ろもまったく見えなくなったそうです。
 そのとき、ある占い師の言葉を思い出したそうです。「本当に困ったら木にお願いしなさい」。あやしい話ですが、そのときは他に方法がありませんからその通りにしたとか。すると、町に向かって下りる道がある方向だけ霧が晴れたそうです。

 そういうこともあるかもしれませんね。いかがでしょうか?

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑