*

三遊亭の意味?落語家は遊んだほうがいいのか

公開日: : 芸能

落語家の浮気

こんな話題で、当の落語家さんから「昔は・・・」なんて言葉が聞かれました。古今亭志ん生さんなんて数々の逸話を残しています。たとえば、

「おまえもたまには実家で羽をのばしてきなさい」と妻を実家に帰した志ん生さんは、そのあいだに家財道具を売り払い“遊び”に行った

みすぼらしい恰好をしていた志ん生さんに「ふさわしい着物を・・・」と、現代にすると400万円のお金をあげた友人。ところが、相変わらずみすぼらしい恰好をしているのでたずねると、「全部“遊び”に使った」とわるびれる様子もなかった

と大物ぶりです。

さて、私がかつて“師匠”とそんけいしていたかたにある落語家さんがこんな質問をしました。
「落語家の師匠から“遊べ”と言われています。“三遊亭”とは“酒、ギャンブル、女遊び”のこと。落語家にとって遊ぶことは芸を磨くために必要」

その答え。「本当に“遊ぶ”必要はありません。遊び心のことです。芸に“遊び”があればいいのです

その落語家さんのファンの友人によると、「あれから〇〇さんの“壊れ方”がすごい」そうです。

私には落語のことはわかりませんが、“遊び”でしょうか。

最後まで読んでくださりありがとうございます。


Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑