*

広島NPO法人イーハート措置費不正受給事件(詐欺)その後

公開日: : 福祉・教育

自立援助ホーム

これは、「第二種福祉事業」に位置づけられる児童福祉事業です。事業費のほとんどは県からの「措置費」。それなくしては成り立たない事業です。

3年くらい前でしたか、広島市の「イーハート」というNPO法人が運営する自立援助ホームが、措置費の不正受給で市から「詐欺」で告訴されました。新聞にものりました。

Sponsored Link



その後の経過が新聞に載ることはなかったので、私は自分で調べました。「詐欺」という言葉の印象が強すぎて、福祉でこの話題が出るときもそういうものとして語られてしまいますが、あくまで告訴されただけ。この時点では詐欺ではないのです。「逮捕」もそうですよね。逮捕の段階では有罪も無罪もありません。しかし、何かすでに有罪であるかのような空気になってしまいます。もはや自分で調べるしかありません。

まず、ネットで以下のような資料をみつけました。

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1343047142560/simple/common/other/510a042d002.pdf

「刑事告訴していただきありがとうございます」という「イーハート」の市への挑発的な回答。そして、それを堂々とホームページに掲載する広島市。ただ事ではないようです。

私は児童福祉関係者(これは本当)を名乗り広島市に問い合わせました。応対してくれたのは50代(予想)の女性。以下のように回答をくださりました。

1、告訴は不起訴処分
つまり「詐欺」という事実はなかった。

2、その後、行政から2回監査に入ったが不正の証拠は見つからず

3、イーハートは自主的に自立援助ホームを閉鎖


つまり、「何もわるいことはしていないのか?」ということになります。自立援助ホームは、ほとんど児童相談所からの「措置」という形で子どもを引き受けますので、行政と対立した時点でホームの運営は成り立たないので、自主的に閉鎖をするのはやむをえなかったのでしょう。

私がここから学んだのは「仲良く」ということです。行政に媚びへつらうということではありません。NPO法人の重鎮のようなある方から

NPO法人は国と戦って自由を勝ち取る

と言われ、驚いたことがあります。それはさておき、私が見ているのは

明るいか暗いか

です。私からみて「戦っている」と思える方にも心が明るい方も暗い方もいます。「暗い方」というのは、個人的な権力嫌いだったり、過去の怒りや恨み、そんな心でもって行政対応をしているのですね。

「明るい」というのは、児童福祉の場合だったら、子どもを守る一心で必死になった、などそういう場合でしょう。

いずれにせよ、この広島の件に事件性はなかった、というのが結論です。しかし、調べれば調べるほど「暗い」と言わざるをえません。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

面白く素敵なグループ紹介 手コキ研究所とは?

私は、とある性教育普及団体の正会員をやっていますが、 そこで出会った

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

→もっと見る

PAGE TOP ↑