*

とくダネ!小倉さんが眞鍋かをりをアヴィラから助けた

公開日: : 芸能

ゆうこりん勝訴

9月3日、このような記事を「スポニチアネックス」でみつけました。一体、ゆうこりんは何に勝訴したのか?たまたま同じ日に読んでいた「芸能人はなぜ干されるのか?」に事情が詳しくのっていました。もともとそこに書いてあったのは眞鍋かをりさんと元所属事務所である
「アヴィラ」との関係。その流れで小倉優子さんのことにも触れられていたのです。



2009年から2010年のこと。小倉さんはアヴィラに「契約解除」を申し立てました。つまり「辞めます」と言ったわけです。法律による両者の争いはここから始まり、小倉さんは2011年にエイベックスグループの系列会社であるプラチナムプロダクションへの移籍が決定しました。今回、つまり2016年の勝訴は、アヴィラが小倉さんに損害賠償請求をしたケース。それに小倉さんが“勝った”わけです。

これと同じ時期に、アヴィラに「契約解除」の申し立てをしていたのが眞鍋かをりさんです。

http://www.j-cast.com/2009/07/30046435.html

↑衆議院選挙で、とある候補者に“勝手に”写真を使われたり、いろいろな理由があったようです。

アヴィラと眞鍋さんの“戦い”は壮絶なものとなり、眞鍋さんはレギュラー出演をしていたフジテレビの「とくダネ!」を降板せざるをえなくなりました。確かに出演をしていました。ただ、レギュラーが別な人に代わってもそれほど気にならないし、まさか裏で事務所との“戦い”が行われているなんて知る由もありません。

去年から今年にかけてSMAPのことがずいぶん話題になりました。同書によると、SMAP解散や木村拓哉さんの“移籍”などはかなり古くからあった話で、事情を知っている方からすれば“やっぱり”という話なのです。

その後、眞鍋さんは「とくダネ!」に復帰。そこには小倉智昭さんの尽力があったようです。このころの眞鍋さんは、番組制作会社のイーストプロダクションと業務提携をしていましたが、イーストプロダクションは小倉さんが所属するオーケープロダクションと同系列。

眞鍋さんの移籍先であるノースプロダクションを紹介したのも小倉さんだそうですが、オーケープロダクションの創立者は大橋巨泉さんです。大橋さんは体制に流されるのをよしとしない方。小倉さんや眞鍋さんが“勝つ”ことができたのはそういう思想があってのことではないかというのがこの著書のひとつの思想です。

小倉優子さんと小倉智昭さんです。アヴィラには二人の“小倉”が関わったわけですね。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ネタバレ!記憶第一話 小林隆さんといえば・・・

主人公は、中井貴一さん演じる本庄英久。職業は弁護士です。“優秀な”とい

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

→もっと見る

PAGE TOP ↑