*

とくダネ!スマホ窃盗団からみえる防犯の方法

公開日: : とくダネ

2016年11月11日

「とくダネ‼」で取り上げられたのは、現在、ブラジルのサンパウロで急増しているという、スマホ窃盗団、です。チームを組んで、歩きスマホをしている人をターゲットにしてそのスマホを奪います。スリと違うのは、被害者はあきらかに取られたことがわかります。ところが、誰にとられたのかがわからない。

ケース1。窃盗団は3人(A、B、C)チーム。被害者は左手でスマホを持ち電話をしながら歩いています。後ろから3人は被害者をおそいます。Aが被害者の背中を「どーん」と押すと同時にBがスマホを奪います。被害者は後ろを振り返ります。背中を押されたのだからとうぜんです。AとBは何事もなかったように歩いて行ってしまいます。そして、ここがひとつのポイントですが、Cが後ろを振り返りあたかも犯人が後方へ逃げてしまったかのようによそおいます。

ケース2。2人(A、B)です。同じく被害者は左手でスマホを持ち電話をしながら歩いています。Aが後ろからおもむろにスマホを奪います。被害者が後ろを振り向くと、その目線に入るのはBです。Bは「何を因縁つけているんだ」と被害者に絡みます。その間に、Aは立ち去ります。

ケース3。窃盗団は7人チームです。やり方はケース1と同じで、スマホを奪う役と後ろから背中を押す役がいます。背中を押す役の人はお年寄りです。ようは、被害者が「まさかこの人ではないだろう」という人を選ぶのですね。残りの5人は、被害者の視線を誘導する役割のようです。後ろを振り返る被害者は、大勢の人たちが見ているほうを見ます。スマホを奪った人はその逆方向にどんどん歩いていっているわけです。

ここから見える対処法は、まず「歩きスマホをしない」ということですね。あたりまえですが。

もうひとつは、あなたのスマホは、取られた瞬間スマホを持っていたのが左手ならば左側、右手ならば右側をそそくさと歩いて行く人物が持っている可能性が高いということです。

とはいうものの、やはり「歩きスマホはしない」、それが一番です。


Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

→もっと見る

PAGE TOP ↑