*

NHKの朝ドラの視聴率好調の理由は脚本にあり

公開日: : メディア

「テレビの秘密」(佐藤智恵著)

この本によると、テレビドラマの視聴率を左右するのは7~8割

脚本

だそうです。そして、その中でもっとも重要なのが「主人公の設定」です。



近年、高視聴率を獲得しているドラマの主人公を分析してみると、ほぼ次のどちらかのパターンにあてはまります。
・視聴者が共感できる人物
・超人的人物
(本文より)


のきなみ高視聴率を獲得するNHK連続テレビ小説シリーズ。現在放送中の「べっぴんさん」も20%くらいいってますね。上の法則に照らし合わせると、このシリーズは「視聴者が共感できる人物」にほぼ特化しています。この時間帯のターゲットは女性です。ですからとうぜん主人公は女性です。

「べっぴんさん」の主人公すみれは裕福な家庭で何不自由なく育ちますが、戦争によって貧困を経験します。「貧困」イコール「苦労人」というのも共感できるポイントです。

すみれは生活のために子供服を作り始め、終には会社まで興してしまうのです。

主婦が料理をブログに載せる→アクセス数を増やす→本を出版

このような現代のシンデレラストーリーと重ね合わせるところがミソですね。子供服を作るという、家事の延長線上として起業し成功をする。

その一方で、男性の視聴者の共感を得ることも忘れてはいません。「儲けをあげることよりも子供にとってママにとっていいものを作りたい」というすみれの方針など、「ビジネスの物語」という視点でこのドラマをみることも可能なのです。ビジネスのヒントを得る、そこまで考えてみるかどうかはわかりませんが、共感をする男性労働者も多いことでしょう。

そして、そのすみれを演じるのが芳根京子さんです。もちろん視聴者には「花子とアン」の記憶があります。
「ルーズヴェルト・ゲーム」というドラマがありました。唐沢寿明さんと江口洋介さんコンビです。「白い巨塔」のコンビです。「半沢直樹」の大成功を受けてTBSが勝負に出たドラマだったそうで、この豪華なキャスティングもそれ故です。「白い巨塔」ファンの私は実際にそれが理由でこのドラマをみました。結果は・・・期待するほどの視聴率は取れなかったそうです。そのあたりの理由もこの本には書いてありますが、それはまた機会があれば。

最後まで読んでくださりありがとうございます。







Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イップス物語 ボールが投げられなくなった!

野球が好きな私がこの「イップス」という言葉を聞いたのは40歳もすぎてか

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

→もっと見る

PAGE TOP ↑