*

大谷翔平ホームイン!解説者は英語で・・・

公開日: : 英語

5月24日か25日の試合。2塁ベースにいた大谷翔平は味方のヒットでホームインを
しました。タイミングとしては、大谷がホームインをした1秒後にも満たない時間で
レフトからの返球がキャッチャーに届きました。そのとき解説者は、

Here comes Otani!

Here comes the throw!

と叫びました。つまり、大谷がホームインをするときに、「Here comes Otani!」、
そしてその後、ボールがホームに届いたときに「Here comes the throw!」
と言ったのです。

そんなに難しい英語表現ではないのですが、じゃあ同じ状況でこのフレーズが出てくるかというと
たぶん出てこないのが、学校英語に慣れてしまった私。

Otani came back!

と言いそうですし、「ボールが戻ってきた」もそのまま

The ball came back!

と言ってしまいそうです。ざっと英英辞書で調べても throw は「投げる」という行為
のことなので、「Here comes the throw」はおかしい感じもしますが、それが
生の英語ということでしょうか。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

フランス語で「ボザー」とは?バザー?

私は25歳のときに1年間フランスに行きました。大学のときは フランス

企画を通すコツ!には一人でも味方をつけること

アイディアがあるのに通らない そんな悩みを持っている方いませんか

→もっと見る

PAGE TOP ↑