*

剛力彩芽、東京シティ競馬のキャラクターに。武井咲と上戸彩を加えた「オスカープロ」のCM合戦

公開日: : 芸能・スポーツ

 オスカープロモーション所属の剛力彩芽さんが、東京シティ競馬(TCK)の平成27年度イメージキャラクターに起用されました。同じく起用された俳優の斉藤工さんとともに、CM出演などで競馬の魅力を伝えていきます。

 オスカープロモーションのCM看板娘、上戸彩さん、剛力彩芽さん、武井咲さん、の3人ですが、やはり群を抜いているのが上戸彩さんです。事務所が積極的に押している3人とはいえ、やはり「実績」=「視聴率が取れる」で上戸さんにはかないません。
 2013年は「半沢直樹」、2014年は「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」が大ヒットしました。斉藤工さんはこの「昼顔」で上戸さんと共演し、人気を博しました。TCKでは剛力彩芽さんと共演、事務所のどんな戦略でしょうか。

「2014年 女性タレントCM起用社数ランキング」(日本モニター株式会社)では、上戸彩さんは12社(AOKIホールディングス、アサヒ飲料、アサヒビール他)で3位、武井咲さんは11社(JTB、青山商事、イオン他)で、8位にランクインしました。1位は、14社でローラさんでした。
 この上戸彩さん。2012年のランキングでAKBのメンバーが上位を独占したときも7位にランクイン。2013年に武井咲さんが17社で1位、剛力彩芽さんが12社で5位になったときも、11社で6位。
 つまり、安定的に上位に君臨しているのが上戸彩さんなのです。

 上戸さんが長年にわたって上位に君臨し続けているのは、ひとつひとつのCMの息が長いことです。普通、CMに採用されるのは「旬」の俳優さんやタレントさん。そして、新商品やリニューアルを機にキャスティングを変えたりするのがセオリーです。ところが、上戸さんは、同じ企業のCMに出続けています。

 同じ企業で採用され続ける理由を考えると、やはり上戸さんの「人柄」や「生き方」が関係しているのではないでしょうか。もちろん私は本人に会ったことはありませんが、上戸さんは現場でとても謙虚な方だということが言われています。自分がどれだけ売れても、偉そうになることがないそうです。
 カメラが向けられているときにさわやかでニコニコしているのは、CMに採用されるような女優さんやタレントさんは当然です。カメラが回っていないとき、つまり素の状態で、そうであること。CM関係者は、そんな上戸さんを使い続けたいと思うのではないでしょうか。

 そういう観点から見ると、今年注目されるのが、剛力彩芽さんの巻き返しです。人柄という点で、剛力さんについても「謙虚である」という話があります。

まとめ
 CMに出てくる俳優さんやタレントさんのイメージがいいのは当たり前です。それは「作られたもの」だからです。しかし、その「作られていない部分」、素の状態、つまり日常生活においての振る舞いがどうか、言動がどうか。そういう要素が「結果」に表れているのではないか。このような見方はいかがでしょうか?
 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ネタバレ!記憶第一話 小林隆さんといえば・・・

主人公は、中井貴一さん演じる本庄英久。職業は弁護士です。“優秀な”とい

10代との会話に役立つ知識 高橋一生

好きな芸能人の話は定番ですね。 キムタク?福山雅治? そうです

10代との会話に役立つ知識 BL

これは、一部の・・・ということでしょうか。 10代の娘さんを持つお父

10代との会話に役立つ知識 ホームアローン

【送料無料!!】【アイガー】3種類から選べるニュージーランドアイスクリ

10代との会話に役立つ知識 ワンチャン

10代の女の子と話していてときどき聞こえる ワンチャン と

→もっと見る

PAGE TOP ↑