*

グーグルマップ「ストリートビュー」がエベレスト周辺地域を追加。私はこのような使い方をしていました

公開日: : メディア, 観光・旅行

 家にいながら観光ができる、グーグルのサービスが「ストリートビュー」です。百聞は一見にしかず、興味のある方はこちらをご覧ください。

ストリートビュー

 グーグルは、今月12日、「ストリートビュー」にエベレストの周辺地域を追加しました。その「仮想旅行」では、旅行者は、ネパールのサガルマータ国立公園を訪れ、伝統音楽を奏でる僧侶やヤク(ウシ科の動物)の放牧など、現地の生活を味わうことができます。

 私がかつて「ストリートビュー」を利用していたのは、実用的な目的でした。勤めていた会社で社長の運転手の仕事もしており、東京都内をはじめ、遠くは関西まで送迎をしていました。その方は、分単位で動くような忙しい方でしたから、運転手の私もよくナーバスになりました。道に迷って、社長が仕事の約束に遅れでもしたら大変です。「もし数百億の商談で、そこに遅刻したらパアですよ」などと、半分冗談?でプレッシャーをかけられたりしていました。

 そんな私の心を安定させてくれたのが「ストリートビュー」でした。事前に地図で道を調べのは当たり前ですが、この「ストリートビュー」を使うと、「リハーサル」ができるのです。

Googleマップ
こちらをクリックすると、地図が表示されます。

 地図の右上辺りに、人型をした黄色のマークがあります。これを右クリックしたまま、自分が見たい地図の場所に持っていきます。すると画面が切り替わり、そこの映像を人間目線で見ることができます。

 都内にあるホテル。周辺はとにかく道が複雑で片道4車線の道路を通ります。初めて行く前の晩はストリートビューでリハーサルをしました。画面の矢印をクリックすると、実際に車が進むように画面が動きます。すべての道でそれをやったら時間がいくらあっても足りませんから、「重要なポイント」だけおさえます。
 この画像が、その「重要ポイント」のひとつです。ホテルの駐車場への入り方ですね。事前にどこで車線変更をしておけばいいのかなどを確認し、繰り返し映像を観て、すでに車で行ったことがある状態まで脳みそを持っていきましたので、本番でもスムーズにいきました。

 私ほど緊張感を持って運転をしている立場の方はそうそういないかもしれませんが、初デートで初めての場所に行くときなど、利用してみてはいかがでしょうか。道に迷ってオロオロする姿はかっこわるいですからね。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

フランス語で「ボザー」とは?バザー?

私は25歳のときに1年間フランスに行きました。大学のときは フランス

企画を通すコツ!には一人でも味方をつけること

アイディアがあるのに通らない そんな悩みを持っている方いませんか

→もっと見る

PAGE TOP ↑