*

今朝の「はやく起きた朝は・・・」、森尾由美の「アメリカ生活プチ情報」。貴理子もうなる使える英語

公開日: : メディア

 今日(3月22日)の「はやく起きた朝は・・・」では、森尾由美さんが「アメリカ生活プチ情報」で、使える英語を紹介。松居直美さんも、磯野貴理子さんも思わず「おー」とうなる内容でした。

「はやく起きた朝は・・・」は、フジテレビで毎週日曜日の朝6時半から7時まで放送されているトークバラエティ番組です。松居直美さん、磯野貴理子さん、森尾由美さんの3人が、視聴者からのハガキをもとに、自分たちの生活や体験談を語ります。
 楽しく、役に立つ情報が満載で、料理や、今日の英会話のようなすぐにでも実践できる内容が込められています。

 さて、森尾由美さんの「使える英会話」ですが、まずはあいさつです。


How are you?
I’m fine thank you, and you?

 英語を学んだことがあれば誰でも知っている表現ですが、由美さんが強調するのは、「and you?」のところ。答えるのは「I’m fine」でも「good」でもいいのですが、必ず相手のこともきくこと、それが重要だそうです。会話はあくまでも「キャッチボール」。
 こんな小話があります。病院に行ったときに医者から「How are you?」と言われ「I’m fine」と答えた、具合がよくないから病院に来ているのに・・・。私はいちおう英語を話すことはできますが、現地での生活経験はありません。
「単なるあいさつ」なのか「本当に具合を聞いているのか」、どうなんでしょう?日本語でもありますよね。私は、あいさつのつもりで「元気にやっていますか?」と聞いたのに、「元気じゃありません」と言われ、「・・・」となりました。


Have a nice day.
Thanks.You,too.

これも同じで、重要なのは「You,too」の部分。ホテルから遊びに行くときなどに「Have a nice day」と言われるよね、と言う由美さんに、「行ってらっしゃい」みたいなものかしら?、と貴理子さん。そうね、「よい一日を過ごしてくださいね」みたいな意味ね、と由美さん。
「あなたもいい1日を過ごしてくださいね」というのが「You,too」です。これを必ず言うのが相手への思いやりだそうです。
「Thanks.You,too.」でも「Sure.You,too.」でもいいそうです。


Thank you +α

 由美さんがアメリカに行ったばかりのとき、娘さんから教わったのが、「Thank you」には必ず何か付け加えること、だそうです。何を付け加えるかというと、相手をほめること。
 使える表現が、「I like ○○」。例えば、「I like your nail.」で相手のきれいに磨かれた爪をほめたり、「I like your hair style.」で髪型をほめたりするそうです。
 すかさず貴理子さんが「日本だったら、いきなりほめられたら気持ちわるいよね」と突っ込みますが、アメリカではそれはない、とのことです。
 
 このようなシチュエーションはスーパーのレジであるそうです。私はフランスに1年くらい住んだことがありますが、そこは日本との違いを感じました。レジの方と客があいさつをするのが当たり前なのです。日本では、レジの方はとても丁寧ですが、客は何も言わなくても問題はありません。ですが、フランスでは、それは失礼なことのようです。


I’m fine thanks
Not today,thank you.

 これは断るときにも使える表現だそうです。日本語でも「だいじょうぶです」と差し障りがないように断ったりしますが、それは英語にもあるんですね。
「Not today」という断り方は、たとえば、由美さんはスキューバーダイビングの誘いを断ったときに、このように断ったそうです。そうすれば、また誘ってもらえるかもしれませんからね。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大谷翔平初ホームラン!実況は英語でなんと叫ぶ

You tube は私の英語学習に欠かせないツールですが、重要なのは好

大谷翔平メジャーデビュー!実況は英語でなんと叫ぶ?

興奮するのはまだ早急かもしれませんが、オープン戦のことを考えれば、すで

メジャーリーグより 英語で驚くときの表現

「サイヤング賞」という、メジャーリーグベースボールの投手にとってもっと

ホーキング博士の英語。「光より速いものはない」は?

「ホーキングの最新宇宙論」(スティーブン・ホーキング著 日本放送出版協

「ビッグバンセオリー」より。let it goの使い方

let it go 「アナと雪の女王」で一躍有名になったこの英語

→もっと見る

PAGE TOP ↑