*

教習所では習わないドライビングテクニック。事故も回避できる方法を解説します

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 生活

 私は、20代のときにある方の運転手をしていたのですが、その方はドライビングのライセンスか何かを持っている方で、いろいろと運転を直されました。「そんなの教習所では教わってないよ」という内容ばかりでしたが、現在ではそれが当たり前になっています。その中から役に立つ技術を紹介します。


 まずは、ハンドル操作ですが、以下の動画をご覧ください。

中谷明彦流ステアリング操作実践編

 私が教わったハンドル操作に一番近いのがこの動画でした。見てほしいところは、ハンドルを上から下に引くように回しているところです。

 イメージをしていただきたいのですが、ハンドルの10時と2時のところに手を置いています。目の前に20度くらいの右カーブがあります。そうしたら、右手を12時、左手を8時のところへもっていきます。そして右手(12時のところ)を2時のところまで引き下ろす。そしてもとに戻します。
 では、50度くらいの左カーブだったらどうでしょうか。今度は左手を1時、右手を5時のところへ持っていきます。そして左手を10時のところまで引き下ろす。

「何時」の部分はカーブの角度によって変わってきますし、慣れによって「このくらいのカーブだったら手はここだな」ということがわかってきます。


 次に足ですが、オートマ車では、右足をアクセルに置き、左足をブレーキに置きます。通常は右足でアクセルとブレーキの両方を踏むと思いますが、ブレーキは左足で踏みます。なぜか?

 そうすることによって、ブレーキを0コンマ何秒早く踏むことができるからです。右足をブレーキに移動させて踏むのと、最初から左足を置いておいて踏むのでは後者の方がわずかですが早いですよね。
 事故になるかならないかの瀬戸際では、この「わずか」な違いが重要である、と私は教わりました。

 ただ、これはいきなり変えるのは無理で、練習が必要です。私は、まったく車が通らない場所で練習をしました。左足でブレーキを踏むことになれるまでは、急ブレーキになったりして、とても危険です。


 高速道路で渋滞にハマったとき、焦る気持ちからか、前の車との車間距離をついつい縮めたくなりますが、これは逆で、むしろ空けることです。どれくらい空けるかというと、まずはこの動画をご覧ください。

名神高速道路玉突き事故決定的瞬間(心臓のわるい方はおやめください)

 あなたが、追突された4台目の車のドライバーだとします。目の前にはトラックがあります。後ろからトラックが突っ込んできた、と察知したら、すぐにアクセルを踏んでハンドルを右に切り、トラックの右横に回避をします。つまり回避が可能なくらいのスペースは空けておく、ということです
 
 この事故の例では、0、7秒くらいで反応をしないと間に合わないと思いますが、常にスペースを空けて意識をしておけば、反応できないことはないと思いますが、どうでしょうか?


 距離で言えば、踏切で電車を待つとき、もしあなたが一番先頭で待っているとしたらやはり踏切と車の間にある程度のスペースを空けてください。
 もし追突をされたとしても、左にハンドルを切れば、踏切内に突入することを避けることができます。


まとめ
 ハンドルは引く、オートマ車のブレーキは左足。そして、高速道路の渋滞では、右か左に回避できるだけの車間距離をとる。踏切で先頭で止まるときは、追突をされても左側に避難できるだけのスペースを空けておく。おそらく初めて聞くテクニックばかりだと思いますが、情報の出所は確かなので信用してくださってだいじょうぶだと思います。


 

 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

→もっと見る

PAGE TOP ↑