*

【動画】サントリーウィスキーCMが話題、CNCルーターで氷のお城。その他、水と氷の不思議

公開日: : 最終更新日:2015/04/11 メディア

「サントリーのCMがかっこいい」と話題になっています。氷で作ったお城の上からウィスキーを注ぐという粋な演出です。以下の動画をご覧ください。

SUNTORY WHISKY 3D on the Rocks

 気になるのが、氷のお城を作成している機械ですよね。これは「CNCルーター」と言います。
 まず「NC加工」という言葉を説明します。「NC」は、英語の「numerical control」の略語で、「数値制御」の意味です。動画でも刃が氷を削る姿を見る事ができますが、あの刃の動きはすべて数値によって事前にプログラムされています。

「CNC」は「computer numerical control」の略語です。動画でもパソコンが映りましたが、コンピューターによって刃の動きをコントロールしています。
「CNCルーター」は主に木材や金属の加工に使われます。

CNCルーターで木製の看板を作っています


 このサントリーのCMのカッコよさを共有できればそれでいいのですが、字数が少ないので氷にまつわるこぼれ話をしたいと思います。

 さて、グラスに氷を入れ水を注ぎます(サントリーのウィスキーでもかまいません)。当たり前のように氷は浮きますよね。でもこれって不思議だと思いませんか?

 水に浮くか沈むかは、密度の問題なんですね。水1ml(ミリリットル)は体積にすると、1立方cm(センチメートル)です。頭の中に、一辺が1cmの水でできたサイコロを作ってください。そしてその横に鉄でできた一辺が1cmのサイコロを描いてください。さてどちらが重いでしょうか?鉄ですよね。では鉄は水に沈みます

 次に、その水でできたサイコロの横に、氷でできた一辺が1cmのサイコロを置きます。さて、どちらが重いでしょうか?氷のような気がしますが、水です。氷の方が軽いのですね。

 他の液体と同じように、水も温度が下がるにつれて重くなるのですが、もっとも重くなるのが4度。それを過ぎると逆に軽くなり、氷の方が水より軽くなってしまうのです。


 非常に不思議な水という物質ですが、実はこれが自然界にとってはとても重要で、海が表面しか凍らないのはそのおかげなのです。
 気温が0度以下になれば、海は氷っていきます。凍った部分は浮き、4度になった水は沈みます。もし、氷の方が重ければ、氷がどんどん沈んで蓄積していき、すべての海が凍ってしまう事態にもなりかねません(想像ですが)。


まとめ
 サントリーのCMが粋、というトピックから、水と氷の不思議の話になりました。水は4度でもっとも重くなり、氷になると逆に軽くなります。そして、そのことが海の中が氷にならない理由なのです。生態系というのは大変おもしろく、日本海側に雪が多く日本が水に恵まれているのは暖流が関係していたり、また、世界遺産の知床半島の生物はなぜ豊かか?という問いにも答えがあります。それはまた機会があればということで。

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

→もっと見る

PAGE TOP ↑